「鳥羽シーサイドホテル」のディナーバイキングは、和洋中が揃うファミリーバイキングだった!

どうも!はらぺこさのじです。

今回は伊勢志摩旅行2・3日目に利用したホテル、「鳥羽シーサイドホテル」の夕食バイキングをご紹介します。

伊勢志摩・鳥羽に佇む「鳥羽シーサイドホテル」は、館内に3つの温泉施設、プール等の施設もある、幅広い年齢層の方が楽しめるホテルです。

「鳥羽シーサイドホテル」は、食事内容がとても魅力的。公式ホームページによると「伊勢海老料理+アワビ料理をはじめとする、海の幸を中心とした約50種の夕食バイキング」がいただけるとのこと!

そこで今回は「鳥羽シーサイドホテル」の、夕食バイキングについてレポートさせていただきます。

口コミや旅行冊子を見る限り高評価でしたが・・・。その実録をお届けしたいと思います。

鳥羽湾を一望できる抜群のロケーション!「鳥羽シーサイドホテル」

■ 鳥羽シーサイドホテル

住所:三重県鳥羽市安楽島町1084

電話:0599-25-8181

HP:https://www.tobaseasidehotel.co.jp

ホテルのエントランスに入ると、可愛い女の子のパネルが迎えてくれました。

チェックイン後、お風呂に入ってから夕食に向かうことに。

夕食は館内レストラン、もしくはホール会場「シーサイドホール」でいただくことができます。チェックイン時に「シーサイドホール」での食事をオススメされ、「シーサイドホール」に訪問しました。

広い会場でいただく、豪華ディナーバイキング

19時頃の「シーサイドホール」。会場内にはあまり人がおらず、ちょうど良い空き具合。

「シーサイドホール」でのディナーバイキングは、17:30~21:00(最終案内20:30)の間利用することができます。その日は20時から花火が見られるとのことだったので、早い時間に宿泊者のほとんどが食事をしていったのかもしれません。

ホール内には中央のブッフェ台を挟むように、席が設営されていました。

様々な種類の料理が並ぶブッフェ台には、スタッフの方が目の前で調理してくださる実演メニューも用意されています。

バラエティ豊富なバイキングの内容を、順にご紹介させていただきます。

サラダコーナー

温菜コーナー

イセエビレッドカレー

揚げ物コーナー

特産物コーナー

伊勢エビ青さあんかけ

お寿司コーナー

小さなのアワビが乗ったお寿司も提供されていました。

お造りコーナー

実演コーナー

天ぷらとホタテの醤油焼き、サーロインステーキが提供されていました。

デザートコーナー

沖縄のおやつ、サータアンダギーも!

写真はありませんが、アイスコーナーもありました。

ドリンクバー

入り口にはおぼんや食器が並んでいます。

和洋中バランス良く揃っている感じでした。何があるかを把握し、一巡目を取りに向かいます。

一巡目は、和食中心にいろいろと。区切られているプレート皿って、味が混ざらなくて良いですよね。

この中では「エビと白身魚のチリソース」がお気に入り。フワフワの衣に甘辛いチリソースがよく絡んでおり、食欲が進む味です。

そして意外にもハマったのが「バイ貝旨煮」。シジミのような小さな貝で、どことなくサザエの味に似ています。コリコリとした食感がクセになる美味しさで、お酒のおつまみにも良さそうです。

イセエビ真丈玉〆

プルプルの茶碗蒸しに、大きなフワフワのエビ真丈。シンプルに出汁だけで味付けされており、とても上品な味です。

エビ真丈に使用しているエビは、なんと伊勢エビ!びっくりですよね!

イセエビレッドカレー、イセエビ青さあんかけ、サーロインステーキ

普段めったに食べられない伊勢エビを、ここぞとばかりに持ってきてしまいました。山盛りの伊勢エビを前に、恍惚の表情を浮かべてしまいます。

青さが味のアクセントになっており、エビの味を引き立てています。エビはちょっとボイルしすぎかな?という感じでした。

エビと白身魚のチリソース、牛肉のしゃぶしゃぶサラダ、ブロッコリー

三巡目。段々と雑になってきた盛り付け皿。

「しゃぶしゃぶサラダの牛肉」が美味いと聞いて、山盛り持ってきました。脂身の少ない牛肉はとてもサッパリとしていて、サラダを食べるような感覚で食べることができました。

エビの天ぷら

大根おろしをたっぷりとかけていただきます。

作り置きだったので、作りたてのサクサク感や温かさは失われていたものの、フワフワの美味しい天ぷらでした。でも出来れば揚げたて天ぷらのサクフワ食感を、味わいたかったなぁと思います。

欲望スイーツプレート

サクサクフワフワのサータアンダギーが、個人的ナンバーワンスイーツ。一口噛めば、口の中に油と甘さがジュワッと広がります。ずっしり感がたまらなく美味しいです!

メロンは瓜っぽくて残念でしたが、トロトロマンゴーはとろける美味しさ。

締めはやっぱりアイス。

ごちそうさまでした

口コミや旅行冊子の高評価を信じて、期待していたディナーバイキング。

ハードルを上げすぎていたのもあってか、微妙だったというのが正直なところです。

お料理が作り置きで冷めていたり、量が少なくなっても補充されなかったりなど・・・。残念な点はいくつかあるものの、世代を問わず楽しめる、バラエティ豊富な食事内容だと思います。

もう少し頑張ればもっと良くなる気がする、そんなバイキングでした。


にほんブログ村

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です