食材にこだわるモーニングブッフェ。「パークハイアット東京」で優雅な朝時間を

どうも!はらぺこさのじです。

今回は西新宿にある高級ホテル「パークハイアット東京」で、豪華な朝食を楽しんできました。

宿泊者でなくても、朝食を利用できるホテルがあるのをご存知ですか?今回訪問した「パークハイアット東京」は、宿泊者以外でも朝食を利用できるホテルの一つです。

「パークはあっと東京」の朝食はなんとブッフェ形式!好きなものを好きなだけ、朝から食べられるなんて最高ですよね・・・!

いつもよりも素晴らしい1日を過ごせること間違いなしの「パークハイアット東京」の朝食ブッフェ。その素晴らしすぎる内容を、詳しくレポートしていきたいと思います。

非日常感を味わえるホテル「パークハイアット東京」

西新宿にあるホテル「パークハイアット東京」は、徒歩またはタクシーでのアクセスが可能です。ホテルから駅までシャトルバスが運行していますが、朝食の時間帯には利用できません。

新宿駅から離れた場所にあり、徒歩で約15分ほどかかります。はじめて訪れる人は大体迷うそうなので(私も迷いました)、タクシーを利用するのが良いかもしれません。

■ パークハイアット東京「ジランドール」

住所:東京都新宿区西新宿3-7-1-2 40階

電話:03-5322-1234

朝食時間:6:30~10:30

料金:4,200円(税サ別)

HP:http://restaurants.tokyo.park.hyatt.co.jp/grd.html

ホテルの40階に位置するレストラン「ジランドール」が、「パークハイアット東京」の朝食会場です。上質な空気が漂う空間で、落ち着いて食事を楽しむことができます。

入り口近くにいたウェイターさんに声をおかけして、レストランの中へ。一人で座るには勿体無さすぎるテーブル席に案内していただきました。

席に着くとメニュー表を渡されます。朝食はブッフェもしくはセットメニュー、単品メニューから選ぶことができます。

私はもちろんブッフェを選択!ブッフェ利用の方は、卵料理を一品だけオーダーすることができます。ちなみに卵料理は、オムレツ、ポーチドエッグ、目玉焼きなどに加え、エッグベネディクトからオーダーが可能です。

食事が並ぶブッフェ台は、ため息がでるほど美しい

恒例のブッフェ台の撮影タイムです。撮影許可をウェイターさんにいただき、他のお客様の邪魔にならぬよう撮影させていただきました。

温菜コーナー

冷菜コーナー

フルーツ・ヨーグルトコーナー

和食コーナー

ペストリーコーナー

至福の実食タイム

ブッフェ台を目で楽しんだ後は、素晴らしいお料理たちを実食していきます。実際にいただいて感じた味の感想を、メニューごとにレポートさせていただきますね!

まずはじめに持ってきたのは、サラダやハムなどの冷菜メニュー。テーブルに戻ると同時に、オーダーした卵料理も運ばれてきました。

エッグベネディクト

黄金色に照り輝くベネディクト様・・・!神々しいお姿に、思わずため息が漏れてしまいます・・・。

ナイフを入れた瞬間、とろりと溢れ出す黄身がたまらない・・・!

香ばしくトーストされたマフィンは、外はサクサク中はふわふわな仕上がり。濃厚なオランデーズソースは酸味が少ないのが特徴で、とてもまろやかな味わいです。スモークサーモンのねっとりと舌に絡みつくような食感がこれまた絶妙・・・!あっという間に2個とも食べきってしまいました。

ハイアット様は外資系ホテルですが、かなりハイレベルな和食を提供されています。和食のメニューは季節ごとに変わり、今回は秋のお料理を味わうことができました。

肉々しいソーセージにカリカリのベーコン、三種類のチーズ、そしてスクランブルエッグ!

このスクランブルエッグは、朝食ブッフェで必ず食べていただきたい一品です。味わい、食感、コク、何もかもが完璧すぎる逸品です!

スクランブルエッグに鶏そぼろと昆布の佃煮を添えて

濃厚かつトロトロなスクランブルエッグに、鶏そぼろと昆布の佃煮を入れて食べるのが”私流”。鶏そぼろと佃煮にしっかり味がついているので調味料は要りません。

ジランドールのスクランブルエッグを、何度ブッフェ台の鍋ごと食べたいと思ったことか・・・。エッグベネディクトも絶品ですが、このスクランブルエッグも負けないくらい美味しいです。

キャラメリゼされたナッツにみずみずしいフルーツ、そして宝石のように輝くペストリー。「ジランドール」の朝食ブッフェは必食メニューが多すぎて、胃がいくつあっても足りません・・・!

甘さ控えめな洋梨のデニッシュ。何層にも重なるパイ生地の、サクサク感が最高です・・・!

濃厚なバターと甘いの香りのブリオッシュ。ジャムをつけていただこうと思いましたが、そのまま食べても十分美味しかったです。

ピスタチオとベリーのマフィンは、見た目からは想像できないような優しい味が印象的。ふんわりしっとりな食感で、何個でも食べられそうな美味しさでした。

ブッフェ台の料理を使って、アレンジメニューを作る

ブッフェ台のお料理はそのままでももちろん美味しいですが、お料理同士を組み合わせてアレンジして食べても美味しいんですよ!

今回はこちらのパーククロワッサンを使用し、オリジナルクロワッサンサンドを作成していただきました。

外はミシミシ、中はふんわり食感のクロワッサン

カトラリーで半分に切り、中にいろいろな具材を挟んでいきます。パリパリな外側の生地がはがれやすいので、机の上を汚さないよう丁寧に切るのがポイントです。

完成品がこちら!

BLTならぬBLCEサンドと、リコッタチーズの上にキャラメリゼナッツとはちみつをかけたデザートサンド。自画自賛になってしまいますが、かなりの絶品でした・・・!

ブッフェでオリジナルメニューを作るのって本当に楽しいですよね!このような楽しみ方ができるのも、朝食ブッフェの魅力の一つだと思います。もし利用される機会があれば、是非試してみてくださいね!

お食事メニューの後には、濃厚なホットチョコレートを

「ジランドール」の朝食ブッフェでは、食後のドリンクも楽しみの一つ。中でもホットチョコレートが私のイチ押しで、一度体験したらやみつきになるほど絶品なんです・・・!

ポットで提供されるホットチョコレート。一杯目はウェイターさんが注いでくださいます。

上品な甘さと濃厚なチョコレートの味わいを堪能しながら、幸せな余韻に浸るひと時・・・。素晴らしすぎる時間を過ごさせてくれた「ジランドール」に感謝しつつ、ごちそうさまの時間を迎えました。

いかがでしたか?

何度でも繰り返し来たくなる、そんな魅力が溢れている「パークハイアット東京」の朝食ブッフェ。今回も素晴らしい時間を過ごさせていただけたことに感謝。また訪問したいと思います。

いつも頑張っているあなたに、是非、「パークハイアット東京」で感動の朝食を体験してほしい・・・!日常では味わえない優雅な朝時間を、「パークハイアット東京」で過ごしてみてはいかがでしょうか・・・?


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です