シャングリラホテル東京の「メープルシュトーレン」は、クリスマスまで保たない美味しさだった・・・!

どうも!はらぺこさのじです。

シュトーレンというお菓子をご存じでしょうか?

ドライフルーツやナッツを混ぜ込んで焼き上げた生地の表面に、お砂糖をたっぷりと振りかけた甘いお菓子です。薄くスライスして食べ進め、日に日に味がなじんで変化していくのが楽しいお菓子ですよね。

12月を過ぎると、様々なパティスリーショップに登場するシュトーレン。シュトーレンはお店ごとに個性があり、どれも魅力的なものばかりです。

どこのものを買おうか迷った結果、今年は「シャングリ・ラホテル東京」のシュトーレンを購入することにしました。

シャングリラホテルのシュトーレンは、その美味しさに感動するほどでした!

そこで今回は、シュトーレンの実食レポートを通して、その魅力をお伝えしていきたいと思います。

冬のシャングリラホテルへ

東京駅からほぼ直結した場所にある「シャングリ・ラ ホテル東京」。

ホテルに入ると、いつも通り素敵なエントランス装飾が迎えてくれました。いろいろな大きさのくるみ割り人形と、クリスマスツリーが飾られています。

「ザ・ブティック by シャングリラ」


以前ロビー階にあったペストリーショップが、11月、1階エントランスにオープンしました。

目的のシュトーレンをこちらで受領します。カウンターで名前を告げると、用意されていたシュトーレンを渡してくださいました。

芳醇な香り溢れる「メープルシュトーレン」

重厚な箱に包まれたシュトーレン。いよいよ対面式です。

帰るまでに振り回しながら歩いてきたので、箱を開けるのがちょっと恐かったです。

「シュトーレン(メープル)」4,800円(税込)

直径14cm×横10cmの大きさです。

ビニールの包みを外すとこんな感じ。

包みを外した瞬間に、メープルの美味しい香りに包まれました。メープルの甘い香りにうっとり・・・。

断面はこちら。

密度のある生地なので、綺麗にカットすることができます。

通常中央にアーモンドのマジパンが入っているシュトーレンですが、シャングリラのは渦巻状。

生地の中にはラム酒が香る6種のドライフルーツ(マンゴー、ストロベリー、メロン、パパイヤ、キウイ、パイナップル)とくるみ、シナモンが練りこまれています。

いざ実食。一口食べると、ラム酒の芳醇な香りとフルーツの自然な甘みが口いっぱいに広がります・・・!フルーツいっぱいの食感が楽しいです。

全体的にしっとりとしており、まろやかで上品なメープルの甘さが後引く美味さです。スパイシーなシナモンが、メープルの甘さとフルーツの酸味の引き立てています。

バターをたっぷり使用した密度の濃い生地は、一枚食べただけでも満足感がありますが、あまりに美味しすぎるので、もう一枚、もう一枚と食べたくなってしまいます。

シュトーレンはそのまま食べても美味しいですが、トースターで軽く焼いたり電子レンジでちょっとだけ温めて食べるのも美味しいです。

いろんな食べ方を試しながら、毎日シュトーレンを楽しもうと思います。

シュトーレンの保存期間や方法は?

シュトーレンは日持ちするよう作られていますが、カット後は1~2週間程度を目安に食べきると良いそうです。

一般的に常温保存が基本と言われていますが、食べきるのに1週間以上の日数がかかるときは冷蔵庫または冷凍庫での保存が安全です。

シュトーレンの残りを保存するときは、切り口にラップをぴったりを合わせてしっかりと包み、ジップロックに入れます。

ジップロックに入りきらない場合は、タッパーを使うと良いようです。

やみつきになるくらい美味い、シャングリラのシュトーレン。一度に何枚も食べてしまうほど美味しいので、あっという間に食べきってしまいそうです。

このシュトーレンを含むシャングリラのクリスマスケーキは、オンラインブティックもしくはお電話にて12月25日まで予約受付中です。

商品の受け取りはシュトーレンのみ12月1日から、その他のケーキは12月15日以降とのこと。
デリケートな商品のため配送は行っておらず、直接ホテルでの受け取りになります。

シャングリラのシュトーレンがあれば、いつものおやつの時間が贅沢なアフタヌーンティーに。

日に日に味に味わい深くなっていくシュトーレンを堪能しつつ、クリスマスの訪れを待ちたいと思います。

■ シュトーレン(メープル)

場所:シャングリ・ラ ホテル東京

住所:東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館

予約期間:11月1日(水)~12月25日(月)

受渡期間:12月1日(金)~12月25日(月)

価格:4,800円(税込)

電話:03-6739-7888

予約:オンラインブティックまたは電話

HP:http://www.shangri-la.com/jp/


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です