ハイレベルな美味しさに感動!本場の人も認める「いなばのカレーシリーズ」とは・・・?

どうも!はらぺこさのじです。

なんだかすごくカレーが食べた~い!そんな時はありませんか?かといって、外に食べに行くのはちょっと面倒・・・。家で本格的なカレーを作るのも大変ですよね。

そこで今回は、忙しい時でも手軽に食べられる「いなばのカレーシリーズ」をご紹介します。

レトルト缶だからって侮ってはいけません。研究を重ねて作られた「いなばカレー」は、本場の人も納得な美味しさなんです・・・!

日本人の胃袋をつかんで離さない・・・!本格的で美味しいと評判の「いなばカレー」

今回は、「チキンとタイカレー【グリーン】」、「チキンとタイカレー【イエロー】」、「チキンとタイカレー【赤カレー】」、「チキンとインドカレー【黒カレー】」、「バターチキンカレー」の5種類を入手。

よく行くスーパーの缶詰コーナーに置かれていました。この5種類はコンビニやスーパーなどで比較的よく見かけるような気がします。

本場の人も認める「いなばカレー」とは一体・・・!?「いなばカレー」の気になる味などについて、商品ごとにお伝えしていこうと思います。

チキンとインドカレー【イエロー】

ナンプラーとココナッツミルクをたっぷりと使用した、本格的なエスニック味を楽しめる「イエローカレー」。

辛さレベルは3と、中辛くらいの辛さ。ココナッツミルクが使われていることで、マイルドな仕上がりになっています。

鮮やかな黄色とエスニックな香りに、食欲をそそられます・・・!サラサラ系のルーの中には、角切りチキンがたっぷり。

ココナッツミルクの甘さとスパイスの辛さが絶妙なバランスです。どこか感じるナンプラーの独特な風味が、本場タイの味を連想させます。

スパイスのピリッとした刺激を包み込むようなマイルドさを持つ「イエローカレー」は、ご飯との相性も抜群です。クセも無く、スパイシーさもほどほどなので、タイカレーがはじめてという方にもオススメの味です。

チキンとインドカレー【グリーン】

青唐辛子の刺激的な辛さと、爽やかな風味が特徴の「グリーンカレー」。

辛さレベルは4で、「いなばカレー」の中では辛めの部類に属しています。カレーシリーズの中で、刺激な辛さを求める人にオススメです。

薄緑色の「グリーンカレー」は、スープのようなサラサラ系。カレーの中にはハーブも一緒に入っているので、取り除きながらいただいた方がよろしいかと・・・!

一口食べると、ピリリと辛い!目を剥くような辛さ・・・というわけではなく、食が進むような程よい辛さです。辛さの中にもココナッツミルクのコクとナンプラーの旨味をしっかり感じ、エスニックな美味しさを堪能することができます。

他社のグリーンカレーと比べると、比較的マイルドな味わいのグリーンカレーだと思います。辛いものが苦手な方でも食べられるカレーかもしれません。

チキンとインドカレー【赤カレー】

コクのあるバターにトマトの酸味を加えた、奥深い味わいが特徴の「赤カレー」。

辛さレベルは1と、最もマイルド。辛さはほぼ感じず、シチューのような優しい甘さを感じられます。

鮮やかな赤色の「赤カレー」は、まるでトマトスープのような見た目です。サラッとした食感のルーで、煮込まれた玉ねぎと角切りチキンが入っています。

クリーミーでしっかりとした味わいですが、後味はさっぱり。インドカレーというよりも、ハヤシライスとカレーライスを足して2で割ったような味。

辛さレベル1なので甘々なカレーと思いきや、カレーらしいスパイシーさもしっかりあります。トマトの酸味が爽やかで、食欲が湧かない夏にもピッタリかも!

チキンとインドカレー【黒カレー】

チキンの旨味をベースに、何種類もの香辛料を利かせた「黒カレー」。

辛さレベルは3と、中辛くらいの辛さです。辛いものが苦手な方でも、美味しく食べられる辛さだと思います。

黒ごまペーストが使われているという「黒カレー」は、じっくり煮込まれたビーフシチューのような色合い。サラサラとドロドロの中間、トロリとした食感が特徴的です。

スパイスの香りが強く、たくさんの種類のスパイスが使われていることが分かります。スパイスの複雑な味わいが後引く美味しさで、ご飯やナンが欲しくなる、少し濃い目の味付けです。

独特なスパイスの辛さの奥に、チキンの旨み、ローストされた玉ねぎが作り出す甘みに、バターのコクとまろやかさ・・・。様々な味が絶妙なバランスで重なり合い、濃厚で奥深い味に仕上げられています。

バターチキンカレー【ココナッツミルク仕立て】

バターのコクとまろやかな味わいが魅力の「バターチキンカレー」。

辛さレベルは2と、マイルド寄りな一品です。スパイシーなのが好きな方だと、少し物足りなさを感じるかもしれません。

トロトロなルーの中に、大きなチキンがゴロゴロ。バターのコクとトマトの酸味、チキンの旨みが三位一体になったカレーです。

濃厚なバターの風味のおかげか、少量でも満足感を得られます。ココナッツミルク仕立てとなっていますが、あの独特な風味は感じられませんでした。エスニックというよりは欧風に近い感じで、パンにつけて食べたくなる味わいです。

甘いが特徴のカレーなので、もしかしたらダメな方はダメかもしれません。ただ、このバターチキンが織りなす濃厚かつマイルドな味わいに、ハマる方も多いはず・・・!中毒性が高いお味です。

レトルトを超えた美味しさ。「いなばカレー」を常にストックしておきたい・・・!

5種類の「いなばカレー」を食べてみて、いなば食品さんのカレーに対する本気度を感じました。本格的なスパイス使い、製法へのこだわり・・・。レトルトカレー業界は日々進化しているのだと、感動しました・・・!

「いなばのカレーシリーズ」は、缶切りが必要なタイプなのも魅力の一つ。お弁当やアウトドアなど、場所を選ばずにカレー缶を楽しむことができるんです!幅広い層から支持を集めているのは、このようないろいろな工夫をされているからかもしれませんね。

美味しさの感覚は人それぞれ違いますが、「いなばカレー」はもはや、レトルトの域を超えていると思います・・・!手軽に本格的な味わいを楽しめる「いなばカレー」。是非お気に入りの一缶を探してみてくださいね!


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です