ローカルな美味しさに感激!台湾のご当地グルメが集まる「士林(シーリン)夜市」は最高の食べ歩きスポットだった

どうも!はらぺこさのじです。

旅行気分を盛り上げてくれる美味しいグルメ。旅行先ではその土地ならではのグルメを楽しみたい!そんな風に考える方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、台湾のご当地グルメを満喫できる人気の観光地、「士林(シーリン)夜市」についてご紹介します。

お祭りのような雰囲気にワクワクする「士林夜市」は、まさにB級グルメの激戦区!たくさんのお店が立ち並ぶ場所で、ありとあらゆるご当地グルメに出会うことができます。

そんな「士林夜市」で美味しい香りに誘われて、いろいろなものをいただいてきました。ローカルな雰囲気が漂うお店巡りを、一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです・・・!

ご当地感を味わえる、人気のグルメスポット「士林夜市」

場所:台北市大東路、基河路周辺

アクセス:MRT「剣潭(チエンタン)」駅より徒歩5分

営業時間:月~木15:00~24:00頃/金~日11:30~翌1:00頃(店により異なる)

定休日:旧正月前後(店により異なる)

クレジットカード:不可

日本語:不可(店により異なる)

備考:店によって日本語メニューの用意あり

連日多くの観光客が訪れる「士林夜市」。MRT淡水線「劍潭駅」が最寄駅です。隣の「士林駅」で間違えて降りてしまう方が多いらしく、初めて電車で行くという方はご注意くださいね。

「劍潭駅」の1番出口を出たら、基河路をまっすぐ3分ほど歩いていくと「士林夜市」に到着します。駅から多くの人が「士林夜市」に向かうので、人の流れについて行けば迷わずに行けると思います。

18時頃の「士林夜市」の様子。熱気がスゴイ!

さすが台湾で最も有名な夜市という、迷い放題なラインナップに興奮が止まりません・・・!できることなら全店舗制覇したいところですが、まずは一周回って心を落ち着かせましょう。

巨大なフライドチキンや台湾式ホットドックなど、地元の人が愛してやまないご当地グルメのお店が所狭しと並んでいます

“安い・多い・美味い”が炸裂する夜市グルメは、どれもこれも味わいたいものばかり。今回は食後にピッタリなスイーツやドリンクのお店をメインに、3店舗でご当地グルメを堪能してきました!

台湾に来たら飲まないとね!食感がクセになるタピオカドリンク

まずは士林市場に向かってすぐ左手にあった、「タピオカドリンク」のお店からご紹介。もうすっかりお馴染みだけど、見かけたらつい飲みたくなってしまう・・・そんな「タピオカドリンク」を取り扱うお店が「士林夜市」にはたくさんあります。

残念なことにお店の名前を書き控えるのを忘れてしまい、この「タピオカドリンク」の店名をここでご紹介できません。ごめんなさい。ただ、近くに巨大フライドチキンの「士林豪大大雞排」があったので、行けばきっと分かると思います・・・!

ここでいただいたのは、マンゴージュースとブラックティーの2層に分かれたドリンク。まず香り高い紅茶とトロピカルなマンゴーの味わいをそれぞれ堪能し、少しずつ混ぜることで、さっぱり爽やかな味わいを楽しむことができます。

ストローを吸う度にドゥルドゥルっと、このドリンクの主役であるタピオカが口の中になだれ込んできます。モッチモチなタピオカを口いっぱいに頬張る幸せ・・・たまりません・・・!どれだけ吸ってもタピオカが全然減らないのが、タピオカ好きとして涙が出るほど嬉しかったです。

飲み歩きに最適な、カップにフタをされた状態が嬉しい

飲み物自体がすでに最高の美味しさなのに、このタピオカのたっぷり具合は反則。もはや”飲んでいる”というより”食べている”という感覚です!ただただ夢中で、グビグビと飲んでしまいました・・・!

濃厚なマンゴーに感動!「思慕昔」のマンゴーかき氷

台湾で食べるべきスイーツといえば、やっぱり「マンゴーかき氷」!「思慕昔」というかき氷専門店で、本場台湾の「マンゴーかき氷」をいただいてきました。

選んだのは、大人気の「手工鮮奶酪果雪花冰(マンゴーと手作りパンナコッタ雪花氷)」。メニューを見て一目惚れしました。マンゴーミルク味の氷の上に手作りのパンナコッタがトッピングされ、その周りにジューシーで甘いマンゴーがどさどさっと積んであります。

これこれ、これです。私が台湾で食べたかったかき氷がまさにこれ!この「マンゴーと手作りパンナコッタ雪花氷」は、完熟マンゴーがもう絶品!濃厚なマンゴーの味わいが、一口ごとに広がります・・・!

このかき氷を食べて特に驚いたのは、その口溶け。口に含んだ瞬間、マンゴーの味わいを残したまま一瞬でなくなってしまいます。まるで雪のように儚い・・・。甘すぎず、エアリーでふわっふわなかき氷は、食後のデザートにもオススメです。

バエがヤバイ「マンゴーかき氷」。SNSに投稿したくなる一品は、味も素晴らしすぎました

「思慕昔」では夏から秋にかけて、新鮮な完熟マンゴーが採用されるそう。マンゴーがお目当てなら、旬の時期を選んで訪問してみてくださいね!

■ 思慕昔士林店

住所:台北市士林区基河路15号

電話:+886-2-2882-6698

営業時間:月~木 14:00~00:00/金~日 13:00~22:30

HP:http://www.smoothiehouse.com/index_j.php

鮮やかな色合いが美しい。「芭樂芭」のフレッシュジュース

続いてやってきたのは、「思慕昔」のすぐお隣に位置していたドリンク専門店「芭樂芭(Guava Juice グァバジュース)」。オシャレな雰囲気にふらふらと吸い寄せられました。

お店のオススメだという「芭樂紅龍果(グァバとドラゴンフルーツのジュース)」をチョイス

「芭樂芭(Guava Juice グァバジュース)」は、テイクアウトスタイルのドリンク専門店。グァバをベースにキウイやドラゴンフルーツなど、様々なフルーツを組み合わせたドリンクを楽しむことができます。

黄緑色とピンクの2層になった、カラフルなグラデーションが美しい。振ってから飲むのですが、混ぜてしまうのが本当に勿体なかったです・・・!

勿体ないと言いつつ、思いっきり振りました

混ざるとショッキングピンク一色に!

100%果実のジュースは飲むと意外や意外!フルーツの甘みを濃厚に感じるのに、一気に飲みほしてしまいそうな飲みやすさ。さっぱりした後味が衝撃的でした。「士林夜市」ではお茶よりも、フレッシュなジュースを片手に歩くのがオススメです。

■ 芭樂芭(Guava Juice グァバジュース)士林店

住所:台北市士林区基河路15号

事前にチェック!「士林(シーリン)夜市」の注意点

最高に楽しい「士林夜市」ですが、楽しい反面、些細なトラブルもつきものです。せっかくの旅行で嫌な思いをして帰ることがないよう、事前の準備は万全にしておきたいですよね。夜市を存分に楽しむためにこれだけは知っておくべき!という注意事項を、以下にまとめさせていただきました。

観光客狙いのスリにご用心

「士林夜市」は大勢の人が訪れる人気観光地です。混雑必至の夜市で気をつけたいのは、やはり観光客を狙ったスリ。財布をポケットに入れて買い物をしていたら、いつの間にか財布が無くなっていた!なんてことも・・・!貴重品に十分注意して、食べ歩きを楽しむようにしましょう。

これがあれば万全!夜市訪問の必需品

「士林夜市」で楽しく食べ歩きをするには、事前の準備も欠かせません。ティッシュとウェットティッシュ、そしてビニール袋を持参していくのがオススメです。

夜市では手を洗える場所が少ないので、ウェットティッシュとティッシュは必ず持っていた方が良いアイテムです。また、夜市内にはゴミ箱がほぼ設置されていないため、食べた後のゴミを入れるのにビニール袋を持っていると便利ですよ!

訪問は早めの時間に。帰りの時間も要注意

多くの人で賑わう「士林夜市」は、夕食時である18時頃から20時頃までが一番混んでいます。ほとんどの飲食店が営業し始める17時頃に行けば、空いている中のんびりと食べ歩きを満喫できるそう。

また、基本的に夜中までやっている「士林夜市」ですが、あまり遅い時間になると電車が無くなってしまいますのでご注意くださいね。

注意事項をしっかり確認することで、安心して、より楽しく、「士林夜市」を堪能できると思います。夜市を思いっきり楽しめたら、最高の思い出になるのではないでしょうか・・・?「士林夜市」で最高のひと時を過ごすために、参考にしていただけたら嬉しいです。

一度は行くべき!B級グルメの宝庫「士林(シーリン)夜市」

「士林夜市」で食後に食べたい、ご当地グルメをご紹介しました。しかし、今回ご紹介したのはほんの一部。「牡蠣入りオムレツ」や「臭豆腐」など、台湾を代表する美味しいグルメが「士林夜市」にはまだまだたくさんあります。

言葉が通じない、独特な匂い、不衛生などなど・・・様々な不安がある夜市のB級グルメ。最初は食べるのに抵抗があるかもしれませんが、勇気を出して一歩踏み出してみてください。夜市にしかない食体験に感動して、旅行で外せない楽しみになってしまうかもしれません・・・!

台湾旅行でローカル感を味わえる、人気のグルメスポット「士林夜市」。台湾のご当地グルメの食い倒れに、是非挑戦してみてくださいね!


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です