スイーツブッフェ界の四天王なのでは・・・?川崎日光ホテル「夜間飛行」いちごスイーツブッフェを楽しむ

どうも!はらぺこさのじです。

スイーツの分野に強い方々が感動するスイーツブッフェとして、よく名前を上げられているお店があります。それが今回ご紹介する、川崎日航ホテルの「夜間飛行」です。

毎月テーマを替えて様々なスイーツを味わえると人気の「夜間飛行」のスイーツブッフェ。種類・質ともに満足でき、何度でも足を運びたくなるような内容が展開されているそう。

そんなウワサを知るや否や、いてもたってもいられなくなってしまった私。スイーツ好きを虜にするブッフェと聞いたら、行かないわけにはいかないじゃないですか・・・!

そんなわけで今回は、“なぜスイーツ好きがハマってしまうのか”を調査するべく、川崎日航ホテルの「夜間飛行」に訪問することにいたしました。

スイーツ好きを笑顔にする人気店「夜間飛行」

■ バーラウンジ「夜間飛行」

場所:神奈川県川崎市川崎区日進町一番地 川崎日航ホテル 7階

アクセス:JR「川崎駅」より徒歩1分/京急「川崎駅」より徒歩5分

電話:044-221-2145(レストラン直通)

HP:https://www.kawasaki-nikko-hotel.com/restaurant/listing/yakanhikou

食べログ:https://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140501/14014882/

というわけで、川崎駅日光ホテルの7階に位置する「夜間飛行」にやって来ました。お店のオープン時間は12時です。

気合いを入れて20分前に伺ったところ、すでに6人くらいの先客が。さすが人気店です。

到着してから待つこと10分ほど。入店できたのは11時50分頃でした。先頭のお客さんから順番に店内に案内されていきました。

「夜間飛行」店内の様子

老舗ホテルならではの、落ち着きのある空気が漂う店内。木をふんだんに使ったダイニングルームは居心地良く、逸品の数々を絶好のロケーションとともに堪能することができます。

店内は自然光の差し込む席と、半個室風の席に分かれています

60席ほどある店内は満席です。ちなみに訪問日は平日月曜日です。スイーツブッフェ開催日は、大体いつも満席なのだそう。その愛されっぷりがお分かりいただけると思います。

ちょうど私が訪問した日は、年配の男性やお子様連れの奥様、おひとり様など、様々な方で賑わっていました。

スイーツ好きにはたまらない!「夜間飛行」のブッフェ台

ブッフェスペースは、食事をするダイニングスペースから見えない場所に設営されています。

ブッフェ台は準備中。見目麗しいケーキたちが、手際よく並べられています

ざっと全体を見てみると、7割くらいがスイーツです。スイーツ好き私にとってはパラダイスのようにしか見えません・・・!

「いろんなメニューを食べて欲しい」との意向で、全てのメニューが少しずつの量で提供されています。細やかですが嬉しい気配りですよね。

作り手の想いが詰まったスイーツたち

この「夜間飛行」さん、ものすごいメニューが豊富です。メニューが豊富という前情報を聞かされていましたが、まさかこんなに種類があるとは。

テーマに合わせた素材を使用した”今しか食べられないメニュー”など、20種類のスイーツがラインナップ。シェフが試行錯誤して完成させたメニューは、どれも繊細かつ完璧な仕上がりです。

キュートな見た目に乙女心をくすぐられる、いちごスイーツ

奇をてらっていないルックスに期待が高まります

SNS映え抜群の「いちごのダックワーズ」

「ティラミスモンブラン」は、ボリューム感たっぷり

いちごのクラフィティー、エンガディーナ

さっぱり系のグラススイーツも要チェック!

ケーキだけでなく、生のフルーツが用意されている点も魅力のひとつ

季節のテーマに応じて、用意されるスイーツは月ごとに入れ替えられるそう。行くたびに新しい味に出会えるのがステキです。提供スイーツの一部は、公式サイトにてチェックすることもできますよ!

スイーツ以外も激アツ・・・!食欲をそそられる軽食メニュー

スイーツ以外にも美味しいものが盛りだくさん!軽食があることで、スイーツをより美味しくいただける気がします。

ブッフェ台に並ぶ軽食類は、カロリーを感じるラインナップが素晴らしい・・・。美味しさとカロリーは比例しますからね。きっとカロリーのことを考えたら負けなんだと思います。

豚バラカレー!ブッフェでのカレーの美味しさは異常です。「ブッフェに行くと何故かカレー食べちゃうんだよね」と言う人の気持ち、分かります。お腹が膨れてしまうのですが、やっぱり食べたくなってしまうんですよね・・・。

サラダコーナーもあります。サラダ用のドレッシングが豊富です。クルトンなどのトッピング類も取り揃えています。粉チーズ食べ放題なのが嬉しい。

スープは1種類で、用意されていたのは「オニオングラタンスープ」。スタートダッシュにいただいて、胃を臨戦態勢にするのにピッタリです。

さっぱり爽やかな自家製ピクルスは、完全に癒し。デザートブッフェでいただくお漬物類は、どうして美味しいと感じるのでしょう。いろいろな種類の野菜が使われているのも、分かってる感じで好きです。ピクルスの隣にはサンドイッチが置かれていました。

ドリンクコーナーもすごかった

ドリンクはセルフ方式で。北海道牛乳やアイスコーヒー、ハイビスカスジュースなどのおしゃれなドリンクがいっぱい!

ホットコーヒーのドリンクマシンが、ドンと置かれています。紅茶類も種類豊富です。カフェインレスの紅茶も用意されているので、カフェイン断ちをしている方にはありがたいですよね。

紅茶の種類がクラクラしそうなくらい豊富。何を選んだら良いやら・・・と、悩んでしまいます。

ガンガン行こうぜ

ブッフェ台のセッティングが整ったら、準備OK!ブッフェ開始のアナウンスとともに、食べ放題がスタートします。この時が、1日で1番テンションが上がる瞬間です・・・!

食べ放題でもスマートに行動

ブッフェ開始のアナウンス直後、ブッフェ台には長蛇の列ができます。比較的早く列が解消されるので、列が無くなるまで席で待つのもオススメです。

料理が無くなってしまうのでは?と不安になりますが、心配ありません。夜間飛行さんの補充は完璧です。ブッフェ台にはスタッフの方々が待機しており、絶妙な手さばきで料理がなくなる前に補充をされていました。

順番に全部試したいと思い、気になったものを全部盛り。

朝起きてからスープしか食べていなかった私は、「スイーツ!」しか言えなくなるくらい飢えていました。そして、欲張っていろいろ持ってきてしまうとご覧の通り。お皿が難民になってしまうのでお気を付けください。

1皿目

いちごのロイヤルブラン、いちごのショートケーキ、いちごのタルト、いちごと小豆のパイ、サンマルク

いちごのロイヤルブラン

「いちごのロイヤルブラン」とかいう、見た目からして美味しいに決まってるスイーツ。土台にはスポンジ生地を3層重ね、その上に濃厚なホワイトチョコのクリームがたっぷり乗っています。

赤と白のシズル感・・・!

ホワイトチョコのクリームが、パンチのある甘さです。口当たりは軽いですが甘さはしっかり。そして土台のスポンジ生地が控えめな甘さで、濃厚なクリームとよく合っています。小ぶりながら存在感のある、パワフルな味がすごく美味しい。

いちごのショートケーキ

シンプルな見た目が、味で勝負している感じがして良いですよね。いちご×スポンジ×生クリームの組み合わせは、安心感の塊です。

「いちごのショートケーキ」は教えてくれました。いちごを主役にするために、クリームは控えめな甘さで良いのだと。いちご自体の美味しさみたいなものがよく分かります。

インパクトや華やかさはないですが、万人ウケするスイーツという感じです。このショートケーキは他のスイーツよりも優しいお味なので、いただくなら序盤がオススメです。

いちごのタルト

フレッシュないちごをたっぷりと使用した「いちごのタルト」は、見ているだけでが心踊ります。一粒一粒のいちごがとにかくビッグサイズ!それが4個。まるで土俵を埋めつくす力士のようです。

上から見たら8割がいちごです

ひと口パクっといただくと・・・まず感じるのはいちごのみずみずしさ。口いっぱいに甘酸っぱいいちごの果汁が、じゅわ~と広がります。

厚めのタルト台の、ザクザクッと香ばしい食感を楽しめるのも魅力です。中に仕込まれたピスタチオクリームは、独特の豆っぽさがなくてミルキー。それなりのボリュームではありますが、ペロリとイケてしまうスマートなタルトです。

サンマルク

この「サンマルク」は、シェフの思い出が詰まったスペシャルな一品なのだそう。しっとりしたスポンジ生地の上に、チョコムース、バニラムースを積み重ね、万華鏡のように味が変わるのが楽しいケーキです。

ビターなチョコとバニラの優美な甘さがとてもお上品。常軌を逸したこだわりが詰まっていて圧倒されます。

今までいろいろなスイーツをいただいてきましたが、こんなケーキもあるんですね・・・スイーツの世界はまだまだ奥が深いです。

いちごと小豆のパイ

これがむちゃくちゃ美味しかった・・・!ひと口ごとに感じるバターの風味がうわあああああ美味しいいいいい!!シンプルなだけに、サクサクなパイ生地の美味しさを一際感じられます。

小豆を乗せてみるなど、独自の組み合わせを編み出すのも楽しい

他のお店のパイ生地とは一線を画す、「夜間飛行」の味。塩気が割と強めでガツンときます。噛む度に芳醇なバターの香りが増していくのが最高すぎる・・・。

生クリームではなく、小豆といちごで和風テイストなのがステキです。これはクセになります。今思い出しながら、また食べたい気持ちになっています。

2皿目

いちごのクラフィティー、いちごのパリブレスト、ムースショコラ、クラシックショコラ、ベイクドチーズケーキ、エンガディーナ

いちごのクラフィティー

赤と黄の、目にも鮮やかなこの見た目。これはまさに、食べる前から美味しいことが分かってるスイーツです。

シンプルな構成が大変好ましい。お客さんに感想を聞けば、「シンプルで美味しい」という回答になるに違いありません。

ソフトなタルト生地の中には固めのアパレイユが詰まっていて、これが超美味しい!堅焼きプリンのような食感と味で、じゅわ~と潤いがある感じ。

軽やかな食感も良い!甘さ控えめなスイーツなので、罪悪感なくパクパク食べられてしまいそうで恐いです・・・。

いちごのパリブレスト

「いちごのパリブレスト」は、生地がサクッと香ばしい。生地の間には生クリームがこれでもか!というほど挟まれていて、インパクト抜群な見た目です。

ピーナッツの味がする・・・?と思ったら、生クリームの下にピーナッツクリームが入っているという驚き!

ピーナッツクリームのコクが、ミルキーな生クリームの美味しさをより引き立てています。この隠し味があるのとないのとでは、完成度が変わってくるのかもしれません。

エンガディーナ

この「エンガディーナ」は、スイスで親しまれている伝統菓子とのこと。もし「何これ?」と思われている方がいたら、まずは試してみてほしいスイーツです。

サブレ生地の中には、ザクザクなクルミがたっぷり。食感が楽しい一品に仕上がっています。

柔らかいヌガーを絡ませたクルミは、香ばしさがハンパない・・・!さっくりした生地が重すぎず、軽くサクサク食べられちゃいます。素朴な味にほっこりしてしまう、どこか懐かしさも感じられるケーキです。

クラシックショコラ、ベイクドチーズケーキ

奥の「クラシックショコラ」。これがまたすごかった!生地がめっちゃしっとりしています。

目がギュッと詰まっていて、チョコレートの風味がとにかく濃厚・・・。見かけ以上にチョコレートが強く出ています。私はすごく好きですが、やや人を選ぶ味かもしれません。

「ベイクドチーズケーキ」もヤバイです。濃厚なチーズ風味の奥に感じる、ほのかな甘みが絶妙・・・。

ひと切れで我慢しましたが、どう考えても食べ足りませんでした。

ムースショコラ

こちらはチョコレート尽くしのムース。チョコレートのスポンジ生地に、ガナッシュとムース。中には食感のアクセントとして、芯のある固めのチョコレートが仕込まれています。

中のチョコはかなりの存在感

“チョコ×チョコ×チョコ”とチョコレート尽くしにも関わらず、味が尖ってないので食べやすいです。

チョコレートムースはビターな味わい、そして酸味も。濃厚ですが食感が軽めなのでそこまで重くありません。

3皿目

ムースフレーズ、ティラミスモンブラン、いちごのダックワーズ、いちごのブラマンジェ、いちごのグラスショート

ムースフレーズ

「ムースフレーズ」は、軽やかないちごのムースに大粒のいちごを乗せた、いちごが主役のスイーツ。驚くのは、ムースといちごがほぼ同じ大きさというところ。いちごの美味しさを口いっぱいに堪能するという、この上ない幸せを味わえます。

カットした時のナイフが吸い込まれる感触に、これは・・・!と期待値が高まります。実際にいただいてみると、んー!と唸ってしまう柔らかさ。最高です。

そしていちごがすごく美味しい!ジューシーで、甘み、酸味ともにバッチリ。ふんわりピンク色が可愛いムースは、外見を裏切らない優しいお味。まろやかないちごミルク風味で、フレッシュないちごとよく合っています。

ティラミスモンブラン

この「ティラミスモンブラン」はマスカルポーネにカスタードを加えたクリームをベースに、表面にココアパウダーを振り掛けたスイーツ。見た目はシックな佇まいで、大人の雰囲気を味わえます。

ココアの香りにうっとりしながらいただいてみると・・・ウ、ウマい!フワっと口の中で溶けるマスカルポーネクリームと、ビターなココアパウダーがめちゃくちゃ合うではないですか・・・!

ココアの苦味とマスカルポーネのミルキーな味わいが混じり合って、口の中が幸福すぎる状態になります。全体的に甘さ控えめで、ビターな大人の味わいです。

いちごのダックワーズ

カットいちごが刺さった、ころんとしたフォルム・・・。見た目だけで乙女心をときめかせてくれる「いちごのダックワーズ」。香ばしく焼き上げられたダックワーズ生地は、外はさっくり中はしっとり。中には滑らかなディプロマットクリームがサンドされています。

断面図があられもない姿になってしまいました

カットいちごのフレッシュさと、さっぱりしたクリームの組み合わせが好みの味です。この爽やかコンビに生地の軽やかさが加わって、あっさりといただけます。

いちごのブラマンジェ

ほんのりいちごの香りがするブランマンジェは、小粒の小豆がふんだんにトッピングされた一品。お味は優しめで食べやすいスイーツですが、食感がかなり個性的です。

一口食べてみると、その滑らかさに驚きます。トロリと舌に絡みつくような食感・・・。トロトロ度が限界を突破しています・・・!このブラマンジェ、「トロトロ中毒者」を虜にすること間違いなしです!

いちごのグラスショート

「いちごのグラスショート」は、贅沢な4層仕立て。果肉たっぷりのいちごジャムの上に、カスタードクリームと角切りスポンジ、フレッシュな生クリームを乗せています。

豪快にスプーンですくって、一緒にいただきまーす!

驚くほどにいちごが甘く、カスタードクリームや生クリームと食べても酸っぱさを感じません。中のクリームが甘さ控えめなのも好印象。全体のバランスがすごく良いです!

もうひとつのいちごショートと食べ比べてみたところ、こちらの方がさっぱりしている印象。胃袋に余裕があるなら是非、食べ比べを楽しんでみてほしいです。

4皿目

パイシュー、紅茶のクレームブリュレ、抹茶のオペラ

抹茶のオペラ

抹茶とチョコレートの層を折り重ね、見た目から和を感じられるスイーツ。見た目はおしとやかなのですが、いただいてみるとものすごく力強い。

ひと口味わうと濃厚な甘みがぐわッ!と広がり、その後に抹茶の風味がホワッと香るといった印象です。生地が抹茶シロップをたっぷり吸っていて、噛む度にじゅわっと甘さがにじみ出てきます。

モッタリした濃厚さにも関わらず、後味にしつこさは感じません。濃いけど爽やか。ただ、甘みがしっかりしてるので、1つでも食べごたえ十分です。

紅茶のクレームブリュレ

ブッフェ台に出す直前にキャラメリゼするという、手間がかかったこちらの一品。クレームブリュレの一つ一つを、丁寧にキャラメリゼする。その細やかな仕事が、クレームブリュレの味にしっかり出ています。

いかにも濃厚そうなクリームは甘そうですが、意外にも清涼感があり、とてもスッキリ!ほど良い甘さのミルクティー味で、紅茶の風味が後味を爽やかに仕上げてくれているのです。

しっかり焦がされた表面もまた絶品。コーヒーをイメージさせる、そんなほろ苦さです。キャラメリゼのほろ苦さ、クリームの爽やかな甘さのコントラストは、目の覚めるような鮮烈さ。紅茶好きは間違いなく、心を奪われるスイーツだと思います。

パイシュー

このパイシューでけぇぇぇぇぇ!!他のスイーツとは明らかに異なる大きさに、テンション爆上げ。もはや店売りのシュークリームのような風格です・・・!

これをガブリと食らいつくのも美味しい食べ方ですが、ここは断面マニアとして、ナイフで半分に切ってみることにしました。

圧倒的クリーム感。隙間なく詰まっているクリームに、豪快さを感じます。惚れる

一口いただくと、ハンパない量のクリームが口の中になだれ込んできます。外はザクザク、中はなめらかな食感の、幸せ二重奏がたまらない・・・!ボリュームはありましたが美味しすぎて、あっという間に吸収されてしまいました。

迫力満点! 「ロールケーキ」が名物

そして「夜間飛行」に来たからには、忘れてはならないのが「ロールケーキ」お好みのサイズで切り分けていただけるという、スイーツ好きの夢を叶えてくれる一品です。

目の前にいるスタッフの方にオーダーすると、頼んだサイズにカットしてくださいます。スタッフの方の華麗な手さばきは、見ているだけで圧巻です!

カットされたロールケーキは、キレイに盛り付けてくださいます

切り分けスタイルでいただける「ロールケーキ」は、間違いなくここでしか食べられません。

この時点ですでに満腹に近い状態でしたが、ここでしかいただけないロールケーキを食べてみたく、調子に乗って4cmもお願いしてしまいました。

食べる前は「夜間飛行さん、攻めすぎでしょ・・・」と思いましたが、気が付けばペロリと完食。驚きを隠せません。

パッと見はただのロールケーキでしたが、食べてみるとその認識が覆りました。今までほぼ無関心だったロールケーキに、目覚めてしまった気がします・・・!

スイーツ→軽食→スイーツが最強!

今回も軽食、スイーツ、軽食、スイーツを繰り返してしまいました。軽食とスイーツの無限ループはマジ正義。

美味しいあまりバクバク食べてしまいそうなのですが、こってりメニューばかりなので注意が必要。調子に乗っておかわりしまくると「アレッ、スイーツが入らないぞ!」となります。でも美味しいから仕方がありませんね。

スイーツに匹敵する、美味しさ爆発な「オニオンスープ」。野菜と果物の甘みが凝縮した、マイルドな味がとても美味しい。旨みを増してくれる飴色玉ねぎが、本当にいい仕事をしています。

ヨーグルト風味のから揚げも絶品です。こちらのから揚げ、とても柔らかく、噛む度に肉汁が溢れてきます。から揚げは重たいかな?と心配になったのですが、ヨーグルト風味だからか、さっぱりといただけました。ヨーグルトすごい。

カレーは飲み物です。ウケ狙いとかではなく、毎回こうやっていただきます。お肉の種類はポーク、あとはニンジンやじゃがいもなどの野菜が入っています。お肉の大きさが豪快で、ケチケチしていないのが最高です。

まろやかさが欲しくて粉チーズをチョイ足ししてみたら、ヤバさが倍になりました。あまりにも美味しすぎて、ちょっと一瞬、スイーツの存在を忘れました。

さらにテーブルサービスのアイスでシメる

一通りのメニューをいただいて一息ついたところで、テーブルサービスのアイスクリームが登場!シャーベットを思わせるような、シャリっとした軽さが特徴的。いちごのソースが甘酸っぱくて絶品でした。

あんまり美味しいので、もっとたくさん食べたい!と思う方もきっと多いでしょう。ですがこのアイスクリーム、おかわりができないのです。2口でいただいてしまいましたが、次回はじっくりいただいてみたいと思います。

食べすぎは良くない

美味しいし、もっと食べたい気持ちはあるものの・・・しっかりとスイーツの重さが蓄積していました。

リピートしたいメニューがいっぱいだったのですが、追加でいただくことができず。これ以上いただくと、帰宅するに大変になりそうなので止めました。

ひと言で言うなら「夜間飛行最高」

「夜間飛行」は、多くのスイーツ好きが来店するステキなお店です。デートでも女子会でも、おひとり様でも使いやすいのが素晴らしい。

いろんな魅力まみれの「夜間飛行」ですが、私が最大の魅力だと感じているのは“接客サービスが温かい”ところ。「夜間飛行」のきめ細やかなサービスには、料理をより美味しくするポテンシャルが秘められていると思います。

・終了時間ギリギリまで補充が完璧。

・隣の席との間隔が広く、開放感溢れる店内。

・ブッフェタイムが2時間という、優しさを感じる時間設定。

・空いたお皿をすぐ下げてくださるなど、スタッフさんの細やかな気配り。

食事の最後には、オーナーシェフさんの挨拶まわりもあって恐縮の極み・・・!お忙しいだろうに、一人一人に丁寧に対応されていて、ありがたいことこの上ありません。メニューへの熱い感想を伝えるとシェフも熱く答えてくださって、その対応に心打たれました。

テーブルに置かれていたメッセージも、ほっこりポイント

くーッ!術中にハマった感がある・・・!「夜間飛行」の店内やスタッフさん方のアットホームな雰囲気がとても好きです。癒されました。

私に「夜間飛行」の魅力を教えてくださってありがとうございます!「夜間飛行」ファンの皆さん!

ファンの方々が「夜間飛行」の魅力を教えてくださったように、私も「夜間飛行」がいかに素晴らしいかを勝手に語りたいと思います。

予約がオススメ。「夜間飛行」で月に一度のご褒美ブッフェ

月ごとに新作を出しており、行くたびに新しい味に出会えるので、「夜間飛行」がスイーツ好きの聖地になるのも時間の問題。いや、もう聖地かもしれません。あの美味しさとサービスですから、納得です。

今回はいちごフェアの利用でしたが、ほかにも、チーズやトロピカル、秋の味覚、チョコレートフェアなどもあり、正直言って全然堪能しきれていない!!

みんな大好きな「夜間飛行」。フェアの内容が変わるごとに訪問したくなりました。

ごちそうさまでした!

■ いちごスイーツブッフェ

開催日(4月):4/6・7・8・20・21・22

時間:1部 12:00~14:00/2部 14:30~16:30

利用料金:

大人 4,000円(One Harmony会員料金3,600円)

小学生 2,400円(One Harmony会員料金2,160円)

幼児(3歳以上) 850円(One Harmony会員料金765円)

予約:公式HPからオンライン予約、もしくは電話予約

※満席となる場合がある為、予約した上での来店をオススメします。

電話:044-221-2145(夜間飛行直通)

予約受付時間:13:00~16:00、17:00~23:00

◆スイーツブッフェのオンライン予約はこちら

備考:One Harmony会員に当日入会可/1部・2部の完全入れ替え制(利用時間120分)/ 予約は1人1予約まで(開催月内での複数日予約不可)


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です