いなば食品「ライトツナシリーズ」が、ダイエットの味を教えてくれた

どうも!はらぺこさのじです。

いつも行くスーパーをウロウロしていたところ、私が好きで好きでたまらない、いなば食品の見慣れない商品に遭遇しました。それが今回ご紹介する「ライトツナシリーズ」です。

この「ライトツナシリーズ」、低カロリーと食べごたえを兼ね備えた商品とのこと。定番の油漬けのタイプだけでなく、ノンオイルタイプや水煮タイプまで、幅広く商品展開しているようでした。

いなばの缶詰、まずかったことがありません。過去にいただいた商品は、もれなく全部美味しかったです・・・!

いなばの缶詰というだけで、食べる前から期待が高まります。とりあえず手に入るだけのフレーバーを購入し、美味しさのほどを確かめてみることにしました。

安心と信頼の低カロリー・高たんぱく・低糖質。いなば食品の「ライトツナシリーズ」

入手できたのは、「ライトツナ スーパーノンオイル」「ライトツナフレーク 食塩無添加オイル無添加」「ライトツナ アマニ油」「ライトツナ えごま油」の4種類。

せっかくなので一斉にフタを開けてみました。

ライトツナフレーク 食塩無添加オイル無添加

ライトツナ スーパーノンオイル

ライトツナ アマニ油

ライトツナ えごま油

フタを開けてみると・・・どれも、ツナです。普通にツナです。特別な印象は一切なく、「あ、どこかでお会いしましたよね」と言いたくなるビジュアルです。

器に移して並べてみました。若干色に違いがあるように思いましたが、よく見なければ分かりません。

商品名を書いておかないとどれがどれだか・・・

・・・見た目が普通のツナ缶と変わりないとなると、やはり気になるのが

カロリーオフのツナってどうなんでしょう。美味しいの?カロリーを抑えている分、美味しさを犠牲にしているのでは・・・?

食べ比べをして、美味しいのか美味しくないのかを確かめてみます。

低カロリーツナの気になるお味は?

ライトツナ スーパーノンオイル

この「ライトツナ スーパーノンオイル」は、オイル無添加のヘルシーなツナ缶。きはだまぐろを、特製の野菜スープとミネラルウォーターだけで漬け込んでいるため、ツナ本来の味に近い味付けになっています。

容量は70gで、エネルギー53kcal、たんぱく質12.5g、脂質0.3g、炭水化物0.2g、食塩相当量0.7g

あぁ~あぁ~そういうことか~。正直なところ、味に物足りなさを感じてしまいました。そして、しっとりを通り過ぎて水っぽいという印象です。シャバシャバしています。

残念なことに、そのままでいただくには適していないツナ缶だと思います。調味料を混ぜた時に、良いバランスが取れるように工夫されているのかも。そのままでも美味しく食べるには、やっぱり油が多少必要なのだと思いました・・・。

ライトツナフレーク 食塩無添加オイル無添加

こちらは「ライトツナフレーク 食塩無添加オイル無添加」。食塩無添加で、化学調味料は不使用とのこと。もちろん、油は一切使われておりません。

容量は70gで、エネルギー48kcal、たんぱく質11.6g、脂質0.2g、炭水化物0.1g、食塩相当量0.2g

ほんのり塩味くらいは施されているだろうと思っていました。しかし違いました。ありのままのツナの味でした。そして水煮ならではのシャバシャバ感がつきまとい、そのままを美味しく食べられるものではありません。この味に名をつけるなら“ダイエット味”に決まりです。

ガチのアスリートな方、療養のために塩分を控えている方には便利な一品だと思いますが・・・まさかここまでの味付けゼロ具合だとは・・・!いささかやりすぎ感も否めません。ですが、ここまでやりきってしまう味だと、むしろ清々しいようにも思います。

ライトツナ アマニ油

続いていただいたツナは、アマニ油を100%使用されているのがポイント。サラダ油じゃなくてアマニ油。なんでも、1缶で成人が1日に必要なαリノレン酸(必須脂肪酸)を摂取できるそう。

容量は70gで、エネルギー108kcal、たんぱく質11.8g、脂質6.7g、炭水化物0.1g、食塩相当量0.6g

このツナ缶は終始ジューシー。油だ、きっとアマニ油がアシストしているのです・・・!水煮タイプとの違いがはっきり分かり、旨みが感じられました。

そのままでも美味しく食べられる味付けがされているので、物足りなさを感じません。カロリーはカットされているのに、味を犠牲にしていないところがエライ!これなら「緩い感じでダイエットしたい」という方にも向いている気がしますし、ダイエット中でなくとも選ぶ価値があるのでは・・・!

ライトツナ えごま油

ラストは、きはだまぐろのフレークに、えごま油を加えたもの。こちらもアマニ油のツナ缶と同じく、1缶で成人が1日に必要なαリノレン酸を摂取できるらしいです。

容量は70gで、エネルギー112kcal、たんぱく質12.1g、脂質7.0g、炭水化物0.1g、食塩相当量0.7g

むしゃむしゃといただいたら、ツナの旨みをしっかりと感じられました。その旨みを引き立てているのが油かどうかは分からなくても、「油漬けにしているものって美味しいなぁ・・・」と言わせる味です。

変なクセもなく、さっぱりと食べられるのも好印象です。えごま油ゴリゴリの味だったら、クドさを感じていたかもしれません。食べやすい上、味付けの余地がある感じがとても良い。

ちなみに、アマニ油とえごま油の商品の違いはよく分かりませんでした。どちらも美味しい油味。少しとっておくはずが、気づけば2缶ぺろり。・・・でも1缶100kcalちょっとなので、2缶食べても罪悪感は4分の1くらいです。

ツナ×〇〇のレパートリーは、あなたの想像を確実に超える

ライトツナシリーズを食べ比べしながら、ふと、あることを思いつきました。

「このツナ、アレンジしたらもっと美味しくなるんじゃね?」

居ても立っても居られず、ネットで調べたところ・・・誰が作っても美味しくなるという、夢のようなツナレシピを見つけました!

とろ~りチーズに中毒性!「ツナメルト」のレシピ

【材料】

・ツナ缶・・・1缶(70g)

・マヨネーズ・・・大さじ2

・塩コショウ ・・・適量

・パン・・・2枚

・タマネギ・・・1/8個(もしくはセロリ1/2本)

・お好みのチーズ・・・適量

・お好みのバター(もしくはオイル)・・・10g

ツナとチーズをパンで挟んでトーストしたサンドイッチ。使う材料はシンプルですが、これがめちゃくちゃ美味い!!

家にある材料と道具だけでパパッと作れるので、料理初心者の方にもオススメしたいメニューです。

参照レシピはこちら→https://macaro-ni.jp/64260

【作り方】

1.玉ねぎ(セロリ)をみじん切りにする。ツナの水を切る(最重要ポイント)。

2.セロリ、ツナ、マヨネーズ、塩コショウをひたすら混ぜ合わせる。

3.パンに2とチーズを乗せ、もう1枚のパンで挟む。

4.フライパンにバターを入れて熱し、まず片面をこんがり焼き色がつくまで焼く。

5.ひっくり返し、もう片面も焼き色がついたら出来上がり。

ダイエット修行僧的にはカロリーが控えめな分、罪悪感も半分といったところ。チーズのおかげで、ツナ自体の味の薄さが完全に気にならなくなります。これはハマる。

このサンドを美味しく仕上げるには、しっかり水切りするのがポイントです。水切りをしていないと、ゆるゆるシャバシャバになってしまうのでお気を付けください。

ピリ辛味がクセになる!「ツナとキャベツのペペロンチーノ風」のレシピ

【材料】

・ツナ缶・・・1缶(70g)

・キャベツ・・・1/6玉(150g)

・にんにくパウダー・・・適量

・赤唐辛子・・・1本

・塩・・・小さじ1/4

ツナとキャベツを、にんにくと唐辛子を効かせたペペロンチーノ風にアレンジしたレシピ。

このペペロンチーノ風のレシピは、予想以上に簡単でした。唐辛子とにんにくさえあれば、手軽に作ることができますよ。

参照レシピはこちら→https://cookpad.com/recipe/5219166

【作り方】

1.キャベツを食べやすい大きさに切る。赤唐辛子の種を取って輪切りにする。

2.フライパンにツナの油、にんにくパウダー、赤唐辛子を入れて炒める。

3.香りが立ったらキャベツを加え、しんなりするまで炒める。

4.キャベツがしんなりしたら、ツナ、塩を加える。ひと混ぜしてよく絡んだら、火を止め、器に盛って出来上がり。

驚かされたのは、ツナの進化っぷり!ピリッとした辛さと程よい塩気が、ツナの旨みを引き立てています。

ツナの油を活用することで、カロリーを抑えられるのも嬉しいポイントです。思いのほかハマってしまって、何度も繰り返し作っちゃいました。

アレンジ次第で無限に美味しくなる、いなばのツナ缶

たまたま見つけた2つのレシピを試してみましたが、ツナ缶のポテンシャルの高さに驚きました。これは別のアレンジレシピも試してみなければ・・・。今、私の前には、無限大の可能性が広がっている・・・!

そのままで食べるのに飽きた方、苦手な方、是非お試しを。そして、もっと美味しいツナレシピを知ってるよ!って方がいたら教えてください。私はそれが知りたいです。

ダイエッターの希望の光・・・!?いなば食品の「ライトツナシリーズ」

結果としてかなり有能なことが判明した、いなばのツナ缶。カロリーカットできるだけではなく、健康に良い成分まで摂取できるのが嬉しい。

個人的にはそのままでも美味しく食べられる、「ライトツナ アマニ油」が好みです。私はこれを今後も食べ続けてみようと思います。

腹持ちもよくて、罪悪感なく食べられること請け合いです。気になった方は是非、ご自身の舌でトライしてみることをオススメします!

ごちそうさまでした!


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です