月替わりのフェアから目が離せない!シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル「トスティーナ」デザートブッフェ【5月】

抹茶に目がないスイーツ好きの皆さ~ん!舞浜のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル「トスティーナ」で、抹茶に特化したフェアが開催されていますよ~!

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル「トスティーナ」に、2019年5月限定で登場している”抹茶スイーツ&ベーカリー”。この抹茶フェア限定の品々が素晴らしいと聞き、私、はらぺこさのじもさっそく利用してきました!

抹茶好きの心を掴む、魅惑の抹茶スイーツ&ベーカリーとは?話題の品々を求め、いざ!舞浜のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル「トスティーナ」へ!

デザートのクオリティが高い!シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル内のカフェ「トスティーナ」

■ カフェ トスティーナ

営業時間:7:30~23:00

ケーキベーカリー販売 10:00~23:00

デリカテッセン販売 8:00~23:00

場所:千葉県浦安市舞浜1-9 シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 2階(ロビー階)

アクセス:ディズニーリゾートライン「ベイサイド・ステーション」にて下車後、徒歩または無料シャトルバスにて1分

電話:047-355-5555

HP:https://www.sheratontokyobay.co.jp/restaurant/toastina/

ぐるなび:https://www.google.co.jp/amp/s/amp.gnavi.co.jp/r/a904703/

備考:舞浜駅~ホテル間の送迎バス有り(時刻表はこちら)

というわけでやってきました。シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル内にある「トスティーナ」です。

気合いを入れて予約時刻の30分前に到着してしまったのですが、待たされず席に案内していただくことができました。

お店のコンセプトは”豪華客船の甲板にあるカフェ”。自然光が注がれる明るい店内で、スイーツやベーカリーなどを楽しめます

おひとりでの食事がしやすいよう、1~2名用の席が多めに取られているのが特徴的です。複数名で利用するゲストは、広めのソファ席に案内されているようでした。

毎週開催のデザートブッフェで、種類豊富なスイーツを堪能

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル「トスティーナ」では、毎週金・土・日曜日にデザートブッフェを開催。クリーム系のケーキ、タルト、グラススイーツなど、様々なスイーツを楽しむことができます。

店内に設営されている、心躍るブッフェ台。美しく盛り付けられたスイーツたちに、テンションが上がるのを感じました・・・!

魅力的な品々が並ぶブッフェ台の様子を、以下でご紹介させていただきますね。

初夏だったということもあり、夏のフルーツを使用したスイーツがずらり

さっぱり系のものが多いと思いきや・・・

こってり系のスイーツも!様々なバリエーションを楽しめるデザートブッフェなのです

一見シンプルそうに見えるケーキにも、並々ならぬこだわりを感じます

フルーツカクテルは、生フルーツを使っているのが素晴らしい。一口サイズにカットされたいちご、キウイ、メロン、パイナップル、グレープフルーツ、シトラスが入っています

取る時に苦労しそうなスイーツは、オシャレな器の中に!細やかな気遣いを感じられるところもステキです

新緑の季節にピッタリ。期間限定の抹茶スイーツ3種

この「トスティーナ」に来たら必ず注目して欲しいのが、月替りの限定メニューです。今回訪れた5月のテーマは「抹茶」

「今月はどんなスイーツに出会えるんだろう」とワクワクできるところも、このお店を訪れる醍醐味です。

ドーム状のフォルムが美しい「抹茶とチョコレートムース」

黒胡麻のムースに抹茶のプリンを重ねた「抹茶プリンと黒胡麻ムース」

抹茶とチーズのコラボ!「抹茶ムースとチーズタルト」

ハイレベルなスイーツをがっつり楽しむ

もう、ブッフェ台ごと食べたい!となったのですが・・・なんとか抑えて、本当に食べたいものだけ盛り付けてくることに。

目の前にあるスイーツたちをじっと見つめ、私は答えを模索しました。その結果が、こちらです。

気が付けばというか・・・ほぼ全種類です。無意識にほぼ全部持ってきてしまいました。

しかし、どれも手のひらサイズなので、食べ切れないという心配は無さそうです

1皿目

抹茶とチョコレートムース、抹茶プリンと黒胡麻ムース、抹茶ムースとチーズタルト

まずは1品目、「抹茶とチョコレートムース」をチョイス。いかにも“抹茶!”という見た目が美味しそう・・・!

食べるのが惜しいほど美しいドーム状のムースは、ブッフェ台の中でもひときわ目立っていました。

ムースの中には、抹茶のスポンジ生地や抹茶ブリュレが仕込まれていて、異なるテイストの抹茶味を一度に楽しむことができます

濃厚でまろやか。爽やかな苦みも。他の層に比べて甘いのですが、滑らかな抹茶ブリュレの層が特にツボでした。

「抹茶ムースとチーズタルト」は完成度の高い名作。中にいろいろ詰まっていて凝っています。

リング状の固い抹茶チョコレートの中に、抹茶ムースとミルクチョコレートのムース。土台のタルト生地の中にベイクドチーズケーキ。トップには黒蜜ゼリーとチョコレートが飾られています

抹茶独特の苦みにチーズのまろやかなコク・・・黒蜜やミルクチョコの存在感もしっかりあるのに、邪魔にならない一体感。いろいろな味が組み合わさることで、抹茶の味わいが深まっているように感じました。

この「抹茶プリンと黒胡麻ムース」も美味しかった・・・!小豆クリームの品の良い甘みと、黒胡麻ムースの滑らかな口当たり、抹茶プリンのつるんとした喉越しを楽しめました。

これはしっかりかき混ぜて食べるのが正解です。抹茶独特の深みのある味わいと、黒胡麻の香ばしい風味が、素晴らしいハーモニーを奏でます。

まったり、濃厚。味の充実感がすごいです。このシンプルさながら、物足りなさを全然感じない!黒胡麻のゴマゴマしい味が、抹茶味に負けていないところがめちゃくちゃ好みです・・・!

2皿目

ドゥーブルフロマージュ、モンテリマールのムースとレモンムース、ライチとフランボワーズのマカロン、アメリカンチェリータルト、ライチムースとグレープフルーツムース

この「ドゥーブルフロマージュ」というチーズケーキは、上がレア、下がベイクドの構成です。

一言でまとめると、これ、激ウマでした。ビビりました。これはホールで食べられる、衝撃的な美味しさのチーズケーキでした。

さっぱりしたレアとコクのあるベイクドの風味を一度に味わえて、チーズ好きにはたまらない・・・!そして土台のサブレの甘じょっぱい味も美味しくて・・・思わず恍惚としてしまいました。

うんんんまっ!と叫びたくなる美味しさ。チーズの風味はしっかりなんですが、クセがないチーズ味で食べやすいです

フランス南部の伝統菓子・モンテリマールをアレンジした「モンテリマールのムースとレモンムース」は、潜在能力がハンパなかった・・・!様々な味わいと食感の共演を楽しめました。

噛みしめるとドライフルーツがしっかり主張して、異なるフレーバーがはちみつの甘さを絶妙に引き立てます

そしてはちみつの甘みの後から、レモンの爽やかな酸味が追いかけてくる~!凝縮された果実の甘みと蜂蜜の独特の甘み、レモンの酸味が違和感なくマッチしています!味わいは濃厚ながら、食べ終わった後の余韻は軽いです。

「ライチとフランボワーズのマカロン」。大きなマカロンに慣れていると、このサイズはちょっとビックリ。小さなマカロン生地は手間がかかってるし、ガナッシュもたっぷりで、すごく贅沢な作りのプチガトーという感じです。

マカロン生地はさっくりと香ばしく、ホワイトチョコレートのガナッシュにミルキーな甘さを感じます。生ライチの果肉もフレッシュで、甘酸っぱいラズベリーのジュレも相性良し!

でもこの味わい、何だかデジャブを感じるぞ・・・と思ったらアレです。これ、イスパハンの美味しさだ

「ライチムースとグレープフルーツムース」は倒れてしまっていますが・・・というのもこのムース、ふるふるで超柔らかいんです。「なんでこんなにふるふるになるの?」というレベル。このふるふる感、是非実感していただきたいです・・・!

まず口に運ぶと軽やかな口当たり、ふんわりと柔らかく口溶けていきます

味はさっぱり、甘さも程よいです。ライチもグレープフルーツも主張しすぎることなく、巧みにまとまっている感じでした。

大振りのアメリカンチェリーが乗った「アメリカンチェリータルト」。

ケーキとしては、単にチェリーを乗せただけ感があって、面白味は薄いかな・・・などと思っていたのですが、口に入れた瞬間、あまりの美味しさにいろんなことがどうでも良くなりました

アメリカンチェリーがみずみずしいのに味が濃い!そして、上に乗せてあるものだけじゃなくて、ふかっとしたダマンド生地の中にも、コンフィチュールが忍ばせてあるのに驚きました・・・!

この上なくシンプルだけど、きっちり作ってある印象。土台の生地も、ホイップクリームも、かなり美味しいです

3皿目

マンゴーレミントン、ピスタチオプリン、チョコレートパフェ、ライチムースとピンクグレープフルーツゼリー、マンゴームースとシトラスゼリー

「マンゴーレミントン」。オーストラリア発祥のケーキらしいのですが、キューブ状のスポンジ生地をマンゴーソースでコーティングし、その周りに乾燥ココナッツがまぶされています。

ドキドキしながら食べてみると・・・ココナッツのサクサク食感がすごい!サクサクとフワフワが同居する贅沢食感・・・!やみつきになる美味しさです。

これは間違いなくマンゴーが主役です。酸味があって、甘さもあって、濃厚なマンゴー味。甘さはしっかりしているのですが、口に残るようなクドさはありませんでした。

ピスタチオフレーバー!大好き!!この「ピスタチオプリン」はやや固めなタイプのプリンです。スプーンをくぐらせると、ピスタチオ感が見た目から伝わってきてもう・・・美味しいに決まってます!

あああああ・・・こいつはヤバいやつだぜぇ・・・!

口に含んだ瞬間は、まさしくピスタチオ!ピスタチオの旨味が口の中で溶けて、滑らかに舌へと馴染んでいきます。

リッチな美味しさがありながら、後味はスッキリしていて食べやすいです。表面のラズベリーソースも、酸味が控えめで美味しい。

こちらはマンゴーのムースの上に、マンゴーの果肉とシトラスゼリーが乗った「マンゴームースとシトラスゼリー」。柑橘系の爽やかな風味が加わることで、濃厚ながらもスッキリとした味わいに仕上がっています。

全部一緒に食べるとうままままーーー!マンゴーの果肉が甘くて、かなり満足度が高いです

シトラスゼリーは酸味がほとんどなくて、マンゴー味のムースとの馴染みがいい感じ。ムースの滑らかな食感、それとうまく合うようコーディネートされたゼリーの、もっちりと柔らかい食感がたまらなかったです。

この「ライチムースとピンクグレープフルーツゼリー」は、ライチとピンクグレープフルーツの組み合わせ。トップに並んだブルーベリーとグレープフルーツが眩しい!柑橘系の酸味を想像しながら食べてみました。

ワクワクの一口目は・・・めっちゃ爽やか!酸味を覚悟して食べたのですが、意外と酸っぱくないです。さっぱりとした酸味はありますが、むしろグレープフルーツの香りの良さの方が引き立っていました。

ライチのムースもふわっと軽く、甘さも控えめなのが美味しい。甘み・酸味がベストバランスで・・・飲みたくなってしまいます

「チョコレートパフェ」も、さりげなくすごかった・・・!中は3層構造になっていて、上に行くほど濃く、下に行くほど爽やかな風味を感じられました。

底にたまっているシトラスソースは、酸味が強めです。上から下まで全部一緒に食べると、チョコの苦味と柑橘の酸味が合わさって、より深い味わいを生み出します

チョコレートは濃密に香るのに、さっぱりと食べられてしまうという不思議。甘みよりもビターさの方が強いので、大人向けの味かなと思います。

口溶け滑らかなベリー風味のパンナコッタに、みずみずしいベリーと生クリームをたっぷりと添えた「ミックスベリーのパンナコッタ」。

ベリーを使ったスイーツって、どうしてこんなに惹かれるのでしょう。見かけは派手ですが、味は比較的お上品です。

一口食べてみると・・・こっくりクリーミー。ミルク風味を強く感じられるのですが、そこにラズベリーの甘酸っぱさも感じられるのです。ミルクの甘さと、ラズベリーの甘酸っぱさが打ち消し合うことなく、マッチしていて感激しました。

トッピングのクリームも優しく甘く、フェミニンな味わいです。個人的にはもうちょっと酸味があっても良いかな~と思いましたが、このままでもすごく好き

スイーツだけじゃない!見逃せない軽食メニューたち

スイーツだけが目玉ではないのが「トスティーナ」のニクいところ。

そう、パンと冷菜類が並ぶ、軽食コーナーです!

サラダやサンドウィッチといった、バリエーション豊富なのが嬉しい軽食コーナー。もうデザートブッフェでなくて、デザート&軽食ブッフェと名乗っていいよ!というくらい、たくさんのメニューが用意されています。

中央のパンコーナーには、4種類のサンドウィッチが所せましと並んでいます。どれも手が込んだ作りで、ブッフェ中繰り返し食べてしまう人が後を絶たないそうです(分かる)。

お総菜系のパンが全部気になる

種類が多すぎて、美味しそうと思いつつも食べられないメニューが多いです

パンコーナーにはフェア限定商品も!デニッシュ生地に求肥と抹茶クリーム、甘夏を乗せた「抹茶と甘夏のデニッシュ」、抹茶生地をコロネ型に焼き上げた「抹茶のコロネ」の2種類。

冷菜メニューは3種類のみですが、パンの種類が多いのでこれだけで十分。どれも美味しすぎるので、食べすぎてしまうのに注意です。

「トスティーナ」はサーモンも大盤振る舞い。惜しげもなく盛り付けられているので、遠慮なくいただくことができるのが嬉しい

スープも用意されていて、この時は「パンプキンの冷製スープ」を楽しめました

というわけで、軽食コーナーからもいろいろ持ってきました!

旨みたっぷりのサーモンとプリップリのエビ、そして何よりフレッシュなサラダが最高です!

「トスティーナ」の冷菜類は、口に入れた瞬間「ウマッ!」とこぼれてしまうくらい美味しいんですよ。どういうこと!?

ガーリック風味のエビがあまりにも美味しすぎて、おかわりしてしまうほど激ウマでした

気になるメニューはたくさんありますが、初めて訪れるならばやっぱり「オニオングラタンのパンペルデュ」は食べてみてほしい!味、食感・・・一度食べたらハマること間違いなしです。

スープとパンを一緒に頬張った瞬間、リミッターが外れる音がボンと脳内に響きます。

スープがよく染み込んだパンがふるふるしていて、オニオンとチーズの香りがふわーんと。旨みたっぷりのスープを最後の一滴まで、余さず飲み干したくなります・・・!

このグラタン皿ごと食べられそう

今回は、フェア限定メニューと初見のパン2種類にもチャレンジしてみました。

パンを盛り付けたお皿からは「キャベツと桜海老のキッシュ」から実食。香ばしく焼き上げられたパイ生地に桜海老がごろごろ。

食べる前から美味しいだろうなと予想しつつ頬張ると、やっぱり美味しかったです。

それぞれの素材の味や香りがしっかり出ているのに、喧嘩せず、お互いがお互いを最大限に引き立て合っている感じでした

コロネ型に焼き上げられた「抹茶のコロネ」は、サイズも程よく、嬉しい限り。もちもちの食感と抹茶の深みを味わえる生地に、トッピングのホワイトチョコの甘さと、中のクリームの甘さがよく馴染んでいます。

中のクリームは、マスカルポーネとカスタードを合わせたものだそう。このクリームが美味しすぎて、クリームだけを食べたいと思うほど

サクサク食感が香ばしい「抹茶と甘夏のデニッシュ」。抹茶クリームとデニッシュ生地の相性は抜群です。甘夏のほどよい酸味が、きゅっと全体の味を引き締めています。

抹茶クリームだけでもたまらなく美味しいですが、特筆すべきは求肥の存在。半分にカットすると、中から弾力のある求肥が顔を覗かせました

抹茶感もしっかり堪能できて、ハンパなく美味しいのに・・・存在感が薄くなってしまっているから驚きです。

食べた人だけが分かるこの美味しさ・・・!まさしくダークホース的な抹茶メニューと言えるでしょう。

このホットサンドは、シンプルに焼いたパンにサーモンを挟んだだけ・・・?おもむろにパンの中を覗いてみたら、中の具の少なさに気付いてしまった・・・!

こ、れ、は・・・!具の少なさが際立つ証拠写真が悲しい限り。

・・・なんて悲しみに震えていたら、同じ皿に盛り付けてあった冷菜類が視界の中に。ふわふわのパンに野菜とサーモンを掛け算したら、我ながら素晴らしいアレンジメニューができました。

ただあるものを挟んだだけなのに、一気に豪華になった印象

食べ方の流儀は、手に持ち、大きなひと口で食べる

ホットサンドはアレンジを加えることで、ポテンシャルが2倍も3倍も上がるようです。もう、アレンジを知らない世界には戻れない・・・!ホットサンドを召し上がる方には、こうやって食べてみてほしいと思います。

ドリンクメニューも隙が無い

ドリンクはセルフサービスです。ジュースにミルク、コーヒーや紅茶など、ドリンクもいろいろ。

コールドドリンクとホットドリンクのコーナーが分かれているので、混み合わないのもありがたいです。

このデトックスウォーターが美味しそうなんですよね・・・!飲んだことないですけれど

料金内だからといって、紅茶を5杯もいただいてしまいました。ホットミルクも用意されているので、自分でミルクティーを作れるのが嬉しいです。

居心地最高!長居したくなる「トスティーナ」のデザートブッフェ

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの「トスティーナ」。素晴らしいのは食事だけではありません。スタッフさんの細かい気配りに、もてなされているなぁと感じます。

眼の前に広がる風景、心地よい雰囲気、充実のサービス。すべてが重なり合って、もともと美味しい料理が、2倍にも3倍にも美味しく感じられました。

・平日の利用時間はなんと、12:00~17:00の3時間と良心的です。

・予約なしでも利用できます。開催日にふらっと訪問しても良さそう。

・平日は税サ込みで2,300円というお手頃価格。おひとりで利用しているお客様も多かったです。

・時間いっぱい利用できますが、回転もそこそこ早い。実際、隣の席の方は1時間程度でお会計されていました。

そうそう、土日利用ができるというのもポイントが高いですね!5月から土日にもデザートブッフェが開催されるようになったらしいのですが、平日休めない会社員にはありがたい・・・!

ただ、平日と比べて、利用時間は15:00~17:00と短めです。利用料金も異なりますのでご注意ください。

2回目の訪問ですが、美味しいスイーツを満喫できて大満足。スイーツの美味しさはもちろん、お店の雰囲気やスタッフの方々も魅力的。コスパも素晴らしく、多くの方に愛されるのも納得です。

今回再訪して、ますます好きになってしまいました!是非ともまた訪れて、ゆくゆくはヘビーユーザーになりたいと思います。

ごちそうさまでした!

■ トスティーナデザートブッフェ

利用時間:金曜 14:00~17:00/土曜・日曜 15:00~17:00

利用料金 :
金曜 大人 2,300円/4才~12才 1,150円
土曜・日曜 大人 2,600円/4才~12才 1,300円 ※税サ込

予約:公式HPからオンライン予約、もしくは電話予約

電話:047-355-5555(代表)


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です