おからパウダーで作る「おからパン」が、ダイエットに関係なく美味しい!【簡単レシピからアレンジまで】

パンやご飯などの糖質はダイエットの天敵。糖質は摂取したくないけれど、パン的なものが食べたい時もある・・・。

そんな時はどうするか。「おからパン」を食べるに限ります。

おからパウダーで作るおからパンは、ダイエット関係なしに、普通にパンとして美味しいのです。おからパンを主食にしてかなり経ちますが、毎日美味しくいただいております。

そこで今回は、あれこれ試行錯誤を重ねた結果、個人的に美味しい!と思ったおからパンのレシピをご紹介します。

糖質を抑えつつ美味しいものを食べたい。そんな方にオススメです。あなたの食生活に新しい風を吹かせてみませんか?

おからパウダーってどんな食材?

そもそもおからパウダーって何?という方もいらっしゃると思います。

おからパウダーはほぼ味のない粉で、いろいろな料理に活用できるのが最大の魅力です。

加熱処理してあるので、そのまま食べても大丈夫。お惣菜やヨーグルトにふりかけたり、パン粉の代わりに使うなど、活用法は無限大です。

ちなみに、私が愛用しているのはこちら。キッコーマンの豆乳おからパウダー美味しさは元気の源【自然の館】のおからパウダーです。

おからパウダーには粒子が細かいものと粗いものの2種類があり、キッコーマンのおからパウダーも美味しさは元気の源のおからパウダーも粒子が細かいタイプです。

料理によって、粒子が細かいものと粗いものの使い分けをするといいそうですよ。お店や通販で購入する際は、粒子の細かさについても確認するのがオススメです。

おからパウダーを使ったおからパンレシピ

ではさっそく、オススメのおからパンレシピをお伝えしていきます。

まずご紹介するのは、レンジでチンするだけのおから蒸しパンです。

本当にレンジでできた!「おから蒸しパン」

これがあまりにも衝撃的な簡単さと美味しさで、絶対にご紹介しようと思っていました。個人的にはおからパンレシピの中でトップクラスの簡単さだと思っています。

材料

  • おからパウダー10g
  • 卵1個
  • 水40cc
  • ラカント5g
  • マヨネーズ3g
  • ベーキングパウダー1g

作り方はとってもシンプル!

1. ボウルにベーキングパウダー以外を入れ、よく混ぜます。ちなみに今回は、書いてある材料の3倍量で作成しています。混ぜ方はとりあえず適当です。ダマが残らないように混ぜて、滑らかな液体になった状態を目指します。

2. よく混ざったら最後にベーキングパウダーを入れてさらに混ぜます。

3. 容器に入れて500wで3分間レンジでチン。最初からタッパーに入れて混ぜると、そのままチンできて便利です。

4.様子を見ながら、途中で止めるなり、時間を延ばすなりしてください。全体がまんべんなく膨らめば・・・完成です!

ビフォー

アフター

つまり、材料を混ぜた後はレンジでチンするだけ。めちゃくちゃ簡単ですよね!

簡単だけどこれがウマい!スポンジケーキのようなふわっふわの仕上がり。おからを使っている感は全くありません。「おから入り」と知らなければ気付かないレベルかも・・・!

材料費も手間もかからず、パパッと作れるのが嬉しいです。作る時にタッパーを使えば、洗い物をする手間が省けるというのも素晴らしい!その日の気分でアレンジしたり、お子さんと一緒に作っても良さそうです。

参照レシピはこちら→https://cookpad.com/recipe/3501614

間違いない美味しさを約束する「おからパン」

手軽に美味しいおからパンを作る方法を調べていたところ、インスタグラムでステキなレシピを発見!それがkogomiさんが投稿された「おからパン」のレシピ

View this post on Instagram

* おからパン✨ * 最近はまってるおからパン✨ 今日はウインナー入りも焼きました😁 今まで焼いたおからパンや たまごパンの中で 1番美味しく感じるパンが焼けました😍 主食に悩んでいる方にオススメです😉 * ・おからパウダー60㌘ ・エリスリトール30㌘ ・サイリウム21㌘ ・ベーキングパウダー12㌘ ・塩少々(約3㌘) ・水240㌘ ・卵3個 ・マヨネーズ45㌘ ・グレープシードオイル45㌘ まず粉類を混ぜて (サイリウムがダマにならない為に!) 順に材料を混ぜていきます 成形して200℃に温めたオーブンで 25分焼きました * * #糖質制限#ダイエット#おからパン #低糖質パン#ウインナー入りおからパン #おからパウダー#おからパンアレンジ

A post shared by kogomi (@yumikooo0206) on

さっそく作り方をご紹介しましょう。結論をお伝えしますと・・・マジでオススメです。

材料

  • おからパウダー60g
  • エリスリトール30g
  • サイリウム21g
  • ベーキングパウダー12g
  • 塩約3g
  • 卵3個
  • 水240g
  • マヨネーズ45g
  • お好みのオイル45g

きっと失敗しない作り方

1. ボウルにバーキングパウダー、サイリウム以外の粉類を入れて、よく混ぜます。混ぜ方にいろいろあると思いますが、自己流でどうぞ。こだわりたい方はこだわってください。

2. 粉類がよく混ざったら、卵、水、マヨネーズ、オイルを順番に入れてさらに混ぜます。

3. そこにサイリウムを何回かに分けて混ぜ入れ、最後にベーキングパウダーを入れて全力で混ぜましょう。

4. 頑張って混ぜていると、だんだんと繋がろうという気配が伝わってきます。大きな塊になったらバッチリ。こちらは成型するおからパンのレシピなので、少し硬めの生地になります。

5. あとは成型してオーブンで焼くだけ。200度に予熱したオーブンで約25分間焼きます。使用するオーブンによって焼き時間は変わるので、最適時間を探ってみてくださいね。

こんがりと焼けたおからパンは、中はふんわふわ、表面はカリカリ~!これはもはや、おからパンじゃない!食感も味も完全にパン。何個でも食べられそうな美味しさです!

ポイントは「サイリウムを何回かに分けて混ぜ入れること」。これに尽きます。これをサボるとダマになりやすいです。

個人的には、レンジで作るおからパンよりオーブンで焼いたおからパンの方が好きかも。kogomiさん、ステキなレシピをありがとうございます!一生添い遂げたいと思う、おからパンレシピです。

おからパン革命!?ふわしゅわ「おからスフレ」

ちょっと手間がかかるけれど、手間をかけた価値があると思うことがあります。そう私に思わせてくれたのが、このおからスフレのレシピでした。

ひと口食べただけで感動。この美味しさを知ってしまったら、もう戻れなくなってしまうかも・・・!

とにかく皆さんにも試してほしい。「これあったらお店のパンを買わなくてもいいわ」となるくらいの美味しさですよ。

材料

  • おからパウダー20g
  • 卵2個
  • レモン汁小さじ1
  • 塩ひとつまみ
  • 無糖ヨーグルト80g
  • エリスリトール40~60g
  • バニラエッセンス少々

革命を起こす作り方

1.まず卵を卵白と卵黄に分け、別々のボウルに入れます。

2.卵白のボウルの方に、レモン汁、塩を投入!ハンドミキサーでしっかりしたメレンゲを作ります。

とりあえず、ボウルを逆さまにしても落ちない程度を目指すと良いです

3.卵黄が入ったボウルに、ヨーグルト、エリスリトール、バニラエッセンスを入れ、ハンドミキサーで混ぜ合わせます。混ぜ方は適当。

4. 3に2を数回に分け、さっくりと混ぜ合わせます。

混ぜる時にせっかくのメレンゲを潰してしまわないように気をつけてください。いきなり全てのメレンゲを混ぜ合わせるのは禁物です。少しずつ加えて馴染ませましょう。

5. 混ぜ合わせた生地を成形します。成形の仕方はお好みで。クッキングシートの上にこんもり盛ってもよし、型に入れて焼いてもよしです。

6.最後に170度に予熱したオーブンで35分間焼いていきます。途中焦げそうならホイルを被せてください。ふっくら焼き上がったら出来上がりです!

キレイに焼けました

出来上がったおからスフレを口にすると・・・う、う、うんまーーーーーいっ!!

「スフレ」と名付けるのにも納得の、ふわしゅわ食感です。くちびるに触れた瞬間はフワッと、口の中でしゅわしゅわと口溶けていくのを感じます。

勢い余って、1度に4つもお腹に放り込んでしまいました。自分にパン作りの才能があるんじゃないかと、勘違いするほどの美味しさですよ!

普通のおからパンとは何が違うのか。 うまく想像できなかったら、実際に作ってみてください。下手なパンやお菓子を食べるよりも100倍幸せになれることをお約束します。

参照レシピはこちら→https://cookpad.com/recipe/4931663

この上ない幸せを得られる、オススメアレンジ

さて、そのままでも美味しいおからパンですが、私としてはさらなる高みへ・・・!そう、おからパンをワンランク上の美味しさにするアレンジを研究してみました。

どれもこれもとても簡単なアレンジなのに、試したのを後悔するくらいに美味しかったです・・・!

その美味しさゆえに食べすぎ必至。是非お試しいただきたい、禁断のアレンジは以下の通りです。

おからパン×バジル×チーズ

まずは、おからパンに生バジルとチーズを乗せて、トースターで焼いてみました。

チーズが固まらないうちに食べてみると、表面はカリッと香ばしく、とろとろチーズとバジルの爽やかな風味がたまりません!バジルの風味がチーズのコクを立て、ランクアップした味わいを楽しめます。

このバジルチーズ、自分用の食事としてだけでなく他にもいろいろ重宝しそうです。お酒のおつまみにはもちろん、突然の来訪のおもてなしなど、誰かにあげても喜ばれるに違いありません。

おからパン×マヨ×チーズ

スライスしたおからパンに、マヨネーズを塗り、チーズを乗せてフライパンで焼いてみました。

マヨにチーズを重ねるなんて、ちょっと背徳的でドキドキしますよね。フライパンで焼いている間、マヨとチーズの匂いが漂ってきて危険です。

ひと口食べてみると、波のように押し寄せてくるチーズとマヨの旨み。なんて罪深い味わいなの・・・!また食べたい、また食べたいと、手が止まらなくなります!

旨みと旨みの連打でノックアウトされて、冗談抜きで食べに食べまくりました。なお、マヨとチーズはケチらずに、たっぷり挟むことを推奨します。

参照レシピはこちら→https://macaro-ni.jp/62663

おからパン×クリームチーズフロスティング

クリームチーズに生クリームを混ぜ合わせた、クリームチーズフロスティングとの組み合わせも、とにかく美味しいとしか言いようがないアレンジです。

クリームチーズフロスティングをたっぷり乗せ(パンと同じくらいの厚さにするとグッド)、お好みでナッツやドライフルーツを散らせば完璧です。

チーズのコクとミルキーさに、甘さと香ばしさが合わさって破壊力抜群!モーニングコーヒーとともに楽しむイメージ。すごく甘いというわけではないのでいくつでもいけそうです。これはいかん。

おからパン×サバラン

おからパンをサバラン風にアレンジしたら、立派なスイーツになりました。これは発見!

このアレンジには、おからスフレを使うのがオススメです。ふかふか柔らかい生地が、サバラン用のシロップをいい感じに吸ってくれるんです。

幸せってこんなに近くにあったんだね・・・。とびきり贅沢!というわけではなく、毎日のおやつに気軽にいただけるスイーツという感じです。

糖質が気になる方は、シロップをエリスリトールで作ると良いと思います。

おからパン生活のメリット

おからパンがめちゃくちゃ美味しいことはよくお分りいただけたと思うのですが、おからパン生活を続けていると良いことがいっぱいあるって・・・皆さま、ご存知でした?

実はこのおからパン、美味しいだけでなくカロリーと糖質も少なめ!食物繊維などの栄養も豊富と、健康面でも注目されているアイテムなのです。

少しでもお腹いっぱいになる

おからは水分を吸うと、膨張するという特徴があります。そのため、食べていくとお腹の中でおからが膨らみ、量が少なくても満腹感を得られます。食べ過ぎを防止できるので、暴飲暴食しがちな方にオススメです。

低糖質でステキな栄養素がいっぱい

おからパンは小麦粉や片栗粉を一切使わないので低糖質。さらに食物繊維も豊富で、腸内環境の改善にも期待できるそう。体内の痩せホルモンの分泌も増えて、太りにくい体質も作られていくんですって・・・!主食をこれに置き換えたら、無理なく痩せられそうな予感がします。

実を言うと、私自身もおからパンダイエットをしていました。おからパンを主食にしてから、実際に1年で10kg以上の減量に成功便秘の改善、肌荒れ改善など、体に良いことばかりが起きました!!

そんな感じで、おからパンはダイエットアイテムとしても優秀です。それでいて、普通にパンとして美味しく食べられるから驚きですよね・・・!

さあ!あなたも、Let’sおからパンライフ!

そのままはもちろん、アレンジしても楽しめるおからパン。食べ応えがあって腹持ちもいいので、ダイエット中の主食やおやつにピッタリです。

気温の上昇とともにダイエットを意識し始めた皆さま、是非おからパン生活をはじめてみてはいかがでしょうか。きっといつか、目に見える成果として現れるはずです。

とりあえず私は、今後もおからパン生活に励みたいと思います。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です