舞浜で見つけた大人味!トスティーナ「コーヒー&ティー スイーツ&ベーカリー」デザートブッフェ【7月】

どうも!はらぺこさのじです。

暑い暑いと思っていたら、もう夏ですね!今回は、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル「トスティーナ」のデザートブッフェのレビューです。

月替りのオリジナルメニューで、毎月感動させてくれる「トスティーナ」。7月のテーマは、まさかの“紅茶とコーヒー”です。

コーヒーと紅茶を主役にしたフェアでは、どんなメニューを楽しめるのでしょう。気になる味を確かめに行ったら、“大人味のスイーツ”を楽しめました。

居心地の良さを感じる。シェラトン・グランデ・トーキョーベイのカフェ「トスティーナ」

■ カフェ トスティーナ

営業時間:7:30~23:00

ケーキベーカリー販売 10:00~23:00

デリカテッセン販売 8:00~23:00

場所:千葉県浦安市舞浜1-9 シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 2階(ロビー階)

アクセス:ディズニーリゾートライン「ベイサイド・ステーション」にて下車後、徒歩または無料シャトルバスにて1分

電話:047-355-5555

HP:https://www.sheratontokyobay.co.jp/restaurant/toastina/

ぐるなび:https://www.google.co.jp/amp/s/amp.gnavi.co.jp/r/a904703/

備考:舞浜駅~ホテル間の送迎バス有り(時刻表はこちら)

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの2階に位置するカフェ「トスティーナ」。知る人ぞ知る名店として、静かに愛され続けています。

開放的な景色とともに楽しめるのは、ケーキやサンドウィッチなどの軽食類。のんびりお茶をしたり、一人の時間を満喫したりしたい時に訪れたいお店です。

週末限定!「トスティーナ」のデザートブッフェとは

ここ、「トスティーナ」では、毎週金曜・土曜・日曜にデザートブッフェを開催中

季節や月替わりのスイーツを楽しめるデザートブッフェは、毎月通うことで見つけられる魅力がたくさんあります。

ここでしか味わえないメニューとの出会いのために、足しげく通うファンも多いそう。1度と言わず、2度3度と訪れたくなるデザートブッフェです。

端から食べたくなっちゃう!「トスティーナ」のブッフェ台の様子

まずは、ブッフェ台の様子をお届けします。訪れた人だけが見ることができる、素晴らしい景色がこちらです。

眩しいぐらいの光を放つブッフェ台

こちらに並ぶスイーツは、ホテルのパティスリーチームが考案。定番のスイーツからオリジナリティー溢れるものまで取り揃えられています。

ショートケーキ、グラススイーツ、タルトなどのスイーツが並ぶブッフェ台は、ずっと眺めていられるような気がしました。メニューのひとつひとつが、丁寧に作られているなぁと感動するレベルのビジュアルです。

ピーチメルバ、グレープフルーツとピスタチオのパフェ

メロンムース、チーズブリュレ

エキゾチックムースとパインゼリー、ココナッツムースとメロンゼリー

抹茶オペラ

マンゴーシュー

パイナップルレアチーズ

チョコレートケーキ

7月限定!”大人味”のスイーツたち

「トスティーナ」のデザートブッフェでは2019年7月1日から、「コーヒー&ティースイーツ」が期間限定で登場しています。

今回のフェアは、大人の女性にオススメしたい品々が揃っているそうです。

気になる顔ぶれはというと、「コーヒーとチョコレートのケーキ」「アールグレイとカシスのケーキ」「オレンジとダージリンのヴェリーヌ」の3種類。

これはどう考えても、美味しいのが確定しているやつ!スイーツ好きは必食のメニューたちです

美味しさの波におぼれる

そして、盛り付けてきたスイーツたち。どれも魅力的すぎて、つい全部持ってきてしまうんですよね。

見た目がすでに美味そう。美味しいのが、視覚からびんびん伝わってきます

1皿目

コーヒーとチョコレートのケーキ、アールグレイとカシスのケーキ、オレンジとダージリンのヴェリーヌ、メロンムース、チーズブリュレ

コーヒーとチョコレートのケーキ

「コーヒーとチョコレートのケーキ」には凝った演出が。中は3層構造になっていて、チョコレート風味のブリュレをコーヒー味のムースで包み、その周りをチョコレートクリームでコーティングされています。

コーヒーとチョコレートのいいとこどりなケーキ、という感じでした。コーヒーのコクは感じるけれど、苦みは控えめ。高級感のある、深く上質な味わいを、口いっぱいに味わえます。

さっくりしたタルト生地に、クランブルの楽しい食感も魅力のひとつ

アールグレイとカシスのケーキ

「アールグレイとカシスのケーキ」は上品な甘さで、アールグレイの風味が引き立つ仕上がりです。アールグレイにカシス、そこにホワイトチョコが重なって、食べ飽きることのないハーモニーを味わえます。

食べてみると、アールグレイ感がすごい!完全にアールグレイが主役に躍り出ています

アールグレイの高貴な香りにカシスの酸味とホワイトチョコの甘さが加わり、食べるほどに味が変化しておもしろいです。

また、カシスのおかげなのか、後味がさっぱりしていて好印象。ひと口で食べられる、この程よい大きさもとても良いです。

オレンジとダージリンのヴェリーヌ

見た目も華やかな「オレンジとダージリンのヴェリーヌ」は、3段階の味の変化を楽しむスタイル。スプーンを縦にいれれば、全ての層の味をいっぺんに楽しむことができます。

3層をいっぺんに食べると・・・絶妙なバランスを感じるウマさ。メインとなるロイヤルミルクティームースを引き立てつつ、異なるフレーバー同士が調和しています。

“紅茶尽くし”なスイーツを彩るのは、果肉入りのオレンジソース。単調な味わいになりそうなところに、シャープな酸味のアクセントを加えています

チーズブリュレ

見た目はシンプルな「チーズブリュレ」。しかし!口にした瞬間感動の嵐が!チーズを濃厚に感じさせながら、滑らかに口溶けていくのです・・・!

これはカンタンに体重を増やせるやつ・・・!夢心地な気分になりました

チーズをブリュレにすると、チーズの風味が消えてしまうものが多いですが、これはちゃんとチーズを感じることができます。美味しい。濃厚ながらも、後味にしつこさを感じないところも最高です!

メロンムース

見た目がメロンみたいな「メロンムース」は、見ているだけでウキウキしちゃう!この遊び心溢れる見た目に、グッときてしまいました・・・!

食べてみると、一瞬「懐かしい」という気持ちになります。味の記憶をたどり、思い出しました。昔懐かしい、メロンだまシャーベットを連想させる味わいなのです!

思い出のメロン味にテンションが上がる。この味に懐かしさを感じる人も多いのでは?

2皿目

エキゾチックムースとパインゼリー、ココナッツムースとメロンゼリー、ピーチメルバ、グレープフルーツとピスタチオのパフェ

ピーチメルバ

このグラススイーツは、さっぱりとした中にも奥深い味があります。いろいろ入っていてスペシャル感があると思ったら、味もやっぱりスペシャルでした。

桃を存分に楽しめる「ピーチメルバ」は、100%美味しい。口に入れた瞬間、思わず声が出るほどウマいです。

芳醇な桃の風味がバニラの甘美な甘さと混ざり合いながら、口の中に広がる感じ。それでいて、もったりとしていない。こういうの好き

グレープフルーツとピスタチオのパフェ

ゼリーとクリームのバランスが、見るからに最高です!「食べてみたらすごいぞー!」という感じが、ビシバシ伝わってくる一品です。

爽やか系かな?と思いながら食べてみると・・・ピスタチオ感が結構強い!余計な雑味がなく、ピスタチオ本来の豊かな風味と香りを味わえます。

さらに、グレープフルーツの果肉入りのゼリーがこれまたウマい。程よく酸味が効いていますが、ピスタチオのコクのある味わいと見事にマッチしています

ココナッツムースとメロンゼリー

お次はココナッツとメロンの最強タッグ。見た目や構造はシンプルで、ムースとゼリーの組み合わせに、ブルーベリーとメロン果肉のトッピング。もっちりしたゼリーと滑らかなムースの、食感のコントラストを楽しめます。

ココナッツ風味のムースは甘みが強くなく、まろやかなミルクの優しいお味。メロンの芳醇な香りが秀逸で、最も主張が強く感じられました。

スッキリ爽やかな後味で、口直しに食べるのも最高なんですよね。口の中をリセットするのに、いつも側にいてほしい

エキゾチックムースとパインゼリー

パインのトロピカルな甘さに、ミルクのコク。この「エキゾチックムースとパインゼリー」も、パインの味をガツンと感じる!

ムースとゼリーのバランスは良好。ぷるぷるっと震えるゼリーはしっかりした弾力があり、下の段のムースは滑らかな食感です

全体的にさっぱりしていて、爽やかな甘さが後を引きます。これからさらに暑くなってきたら、ますます好まれそうなスイーツです。

3皿目

桃のショートケーキ、チョコレートケーキ、パイナップルレアチーズ、マンゴーシュー、カシスとオレンジムース、抹茶オペラ

抹茶オペラ

「抹茶オペラ」は、ほんのり感じる苦味が最高にウマい。異なる抹茶アイテムを組み合わせることで、様々なアプローチから抹茶の味を堪能することができます。

スポンジとクリームのふんわり食感の中に感じる、小豆のほっくり食感が絶妙なアクセントに

見た目のわりにむちゃくちゃ軽やか。重めなケーキだと思っていたので意外でした。クドさや重さとは無縁の軽やかさでありながら、物足りなさは感じません。

マンゴーシュー

続いてご紹介するのは、ひと口サイズの「マンゴーシュー」。これが、ポンポン食べてしまいそうなくらい激ウマでした。

こんもりと盛られたクリームが美味しすぎて、笑みがこぼれるほど。コクがありながら甘さは控えめで、香ばしいシュー皮とのバランスが良いです。

食感が楽しいのも特徴的。クリームの滑らかな食感、マンゴーのゴロゴロ食感、シュー生地のサクッと食感を楽しめます

カシスとオレンジムース

ビビッドな色合いが目を惹く「カシスとオレンジムース」。めちゃくちゃ濃そうにしか思えない・・・が、見た目から想像したような、派手な味ではありませんでした。

カシス感はあるものの、さほど甘酸っぱいわけではなし。オレンジも主張は控えめです

トガった一品だと想像していましたが、なんと優しい味なのだろうと驚きました。

しつこすぎる味わいになりそうなところを、ふんわりとエアリーな食感が軽やかさを演出しているように思います。

パイナップルレアチーズ

この「パイナップルレアチーズ」は、ケーキとは思えないほどの柔らかさにビックリできます!咀嚼しなくても、飲めるほどの柔らかさです。

口に含んだ瞬間、すぐに口の中からいなくなってしました。まるで魔法のように溶けてなくなり、優しい甘さだけが残ります。

土台のしっとりしたスポンジもいい感じ。側面にはココナッツも散りばめられていて、様々な食感のハーモニーを楽しめます

チョコレートケーキ

私はチョコレート系があまり得意ではないのですが、この「チョコレートケーキ」はイケます。 万人に好まれそうな甘さで、しつこさがありません。ひと口ひと口を深く味わうというより、止まらずに食べ進めてしまう一品です。

チョコレートの甘みと苦みがマリアージュ。高級感のある、深く、上質な味わいを楽しめます。

ふんわり生地にアクセントを加えるのが、表面に散りばめられたチョコレートのサクサク感。暑い夏にこそ食べたいチョコレートケーキが、「トスティーナ」にありました

桃のショートケーキ

季節のフルーツを組み合わせたショートケーキは、安定の美味しさです。いわゆる定番スイーツですが、熱心なファンを持つ一品。毎回同じ味と知っていても、つい、食べてしまうんですよね・・・!

しっとり柔らかで、素朴な甘さが口に広がります。桃の甘みもしっかり

このショートケーキはいくらでもイケる。一口食べたら止まらなくなります。ショートケーキに、普遍的な美味しさがあることを実感しました。

個性派ぞろい!軽食コーナーもやたらすごい

サンドウィッチやサラダなどが並ぶ軽食コーナーも、「トスティーナ」のデザートブッフェを語る上で外せません。内容は季節や月ごとに変わり、何度通っても、毎回違った楽しさを感じられます。

素材の美味しさを感じられる「ハムチーズサンド」に、ツナの旨みたっぷりの「ツナサンド」、食べ応えのある「サーモンサンド」など。種類が豊富で、しかも、かなりいい感じの品揃えです。

「ハーブチーズロール」や「キャラメルピーナッツサンド」など。名前だけでも美味しそうなメニューが、実に気になります

中でも、個人的にオススメしたいのが「チキンフィレサンド」。地味に絶品です。噛んだ時にサクッという、衣の食感がたまりません。

フェア限定のメニューは、パンコーナーにも。用意されていたのは、「コーヒーミルクロール」と「アールグレイブレッド」の2種類です。

そのほかにも、フライドポテトやホットサンドなどの、ホットミールも豊富にラインナップ。食事を楽しませてくれる、素晴らしい品々が揃っています。

フライドポテトは、デザートの合間の箸休めに最適

味変用に、ケチャップ、マスタード、塩が用意されています

ホットミールコーナーには、ずっと温かい状態にしてくれる工夫もあります。意外と細かいところにも気を使われているのも、嬉しいポイントです。

こちらは、自分好みにカスタムできる「クロワッサンワッフル」というメニュー。セルフで盛り付けられる、トッピングやソースも用意されています。

バリエーションが豊富でワクワクします。いろいろ組み合わせてみると、意外な発見があるかもしれません。

シャンティ、ブルーベリーソース、マンゴーソース、カラーチョコレートスプレー、メープルシロップ、チョコレートソース、チョコクランチ、アーモンド

被写体として向いてない、この冷菜類も美味しいです。常時、3種類のメニューを楽しめます。

ヤリイカとパプリカのライスサラダ スイートチリソース

ローストチキンとパインのサラダ ハニーシーズニングソース

日によって用意されるものが異なりますが、この「サーモンのマリネ」は毎回登場。ブッフェ台で見かけるたびに嬉しくなる、お気に入りメニューの一つです。

軽食も思いっきり食べました

しょっぱい、甘いの無限ループに、気持ちの高ぶりがすごいです。軽食類が豊富にあると、デザートが2倍美味しいし、世界が楽しく感じられるような気がします。

それはもう美味しい軽食類たち。食べたいものを持ってきたら、デザート以上の量になってしまいました

レタス、チキン、レタス、サーモン。この中で頭一つ抜けてるのは、サーモンのマリネ。もぐもぐ噛むほどに、じわじわと美味しいです。「なんでこんなに美味しいんだ?」と、毎回感動してしまいます。

フェア限定の「コーヒーミルクロール」。食べたところ、コーヒーの味わいがかなり本格的でした。

コーヒーの豊かな香りとほろ苦い余韻が、この小さな体の中に凝縮されています

この「アールグレイブレッド」は、爽やかなアールグレイの香りに、オレンジの酸味がアクセントを加える感じ。けっこう個性的な味なのですが、個人的にかなり美味しいと思いました。

サクサクのデニッシュパンは、安定のクオリティー。噛むたびに広がるバターの味わいは、「1日噛んでいたい」と感じるほど美味しいです。

いろいろなパンをいただいてみましたが、この「グリーンカレーフォカッチャ」が神がかった美味しさだった・・・!

グリーンカレーをベースにしたフォカッチャ風のパン。ガツンと来るスパイシーな刺激と、まろやかなココナッツフレーバーがクセになるお味でした

ドリンクコーナーは、デザートブッフェのオアシス

コーヒーに紅茶、ジュースなど、ドリンクコーナーが充実しているのも「トスティーナ」のデザートブッフェならでは。

カフェオレやカプチーノが作れるコーヒーマシーンが置かれているし、紅茶もバリエーション豊富なのがステキです。

アイスドリンクは、アップルジュース、オレンジジュース、玄米茶、アイスコーヒー、アイスティーの5種類。

デトックスウォーターが、店内から消えていることに気が付く。デトックスウォーターがあった場所には、冷水と常温水が置かれていました

人気商品は売り切れに注意?

ブッフェ終了30分前くらいになると、品切れのメニューが出てくる模様。お目当てのものを確実にゲットしたい場合は、早いうちに確保しておくと良いかもしれません。

生クリームが残っていなくて、悲しいワッフル。トッピング類のほか、いくつかのメニューが完売していました

何もかもが素晴らしい! 毎月通わずにいられないデザートブッフェ

「トスティーナ」のデザートブッフェは、いつも新しい美味しさに出会えるのが嬉しい。スイーツも軽食も美味しいし、何度訪れても「また来よう」と思えるデザートブッフェです。

「美味しい!美味しい!」とテンションが上がる美味しさ

食欲のリミッターが外れ、おかわりまでしてしまいました

まだ行ったことない方はお試しを。ここはほんと、何もかもが素晴らしいです。

ちなみにこちらのお店、なるべく予約してからお邪魔するのが望ましいです。フラッと訪れて利用することもできますが、確実に利用するなら、予約してから行くのがオススメです。

リーズナブルながら、ハイクオリティーなスイーツを味わえる「トスティーナ」。少しでも惹かれた方は是非、美味しさの魔法にかけられてほしいです。

ごちそうさまでした!

■ トスティーナ デザートブッフェ

利用時間:金曜 14:00~17:00/土曜・日曜 15:00~17:00

利用料金 :
金曜 大人 2,300円/4才~12才 1,150円
土曜・日曜 大人 2,600円/4才~12才 1,300円 ※税サ込

予約:公式HPからオンライン予約、もしくは電話予約

電話:047-355-5555(代表)


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です