【正直レビュー】京王プラザホテル「樹林」のサマースイーツブッフェwithハーゲンダッツは、いろんな意味で予想外

アラサーOLはらぺこさのじ。30歳を目前に、新規開拓には慎重になってきました。

みんな行き慣れたお店に行きたくなるでしょう? その気持ち分かります。食べ放題の悲劇って、だいたいが初めてのお店で発生していると思います。

今回行ったお店は初めてだったのですが、情報は出てこないし、SNSでも「美味しい」と主張している人はいない。

どんな感じなのかとドキドキして行ったのですが、ブッフェ開始から数分後、私はまさかの事態を体験することになりました・・・。

魅惑のフェアが開催する、京王プラザホテル「樹林」へ

今回は「ハーゲンダッツを使ったスイーツブッフェが開催される」との情報が舞い込んできて、京王プラザホテルの「樹林」に行ってきました。

京王プラザホテルの2階、レストランフロアに位置するオールデイダイニング「樹林」

外観こそ特別感はありませんが、中に入ると一変。そこには、魅惑的な光景が広がっています。

清々しいくらい清潔感のある店内には、すっきりしたインテリア。客層は親子連れや若い人が多く、活気がある印象。

様々なシーンで使いたくなる、アットホームな雰囲気のお店です。

これが「樹林」のサマースイーツブッフェwithハーゲンダッツだ

誰もが知っている超有名ブランド「ハーゲンダッツ」と、コラボしたメニューを楽しめるというスイーツブッフェ。

「サマースイーツブッフェwithハーゲンダッツ」は、店内もメニューもハーゲンダッツ一色です。

ハーゲンダッツの世界が、ギュッと詰まったブッフェ台

ハーゲンダッツとのコラボメニューは全部で4種類。定番のアイスクリームやオリジナルスムージーのほか、実演メニューにテーブルサービスのスペシャルデザートが用意されていました。

まずは、これぞハーゲンダッツ!というカラフルなアイスたちに注目

「バニラ」をはじめ「グリーンティー」「ストロベリー」「キャラメル」といった、ハーゲンダッツの人気フレーバーが取り揃えられています。

アイスの近くには、自分好みにカスタマイズできるコーナーが。好みのソースやトッピングを選び、オリジナルのアレンジスイーツを楽しめます。

バラエティーに富んでいて、味比べをするのも楽しそうです。

【トッピング】ドライフルーツ、アーモンドナッツ、チョコレート各種

グラスパフェにアイスを盛って、パフェ仕立てにすることもできるらしい

こちらはハーゲンダッツの「翠~濃茶~」を使用しているという、オリジナルスムージー。鮮やかなグリーン色がとても美味しそう。

実演メニューは15時45分からの提供。どんなメニューが登場するのか、ワクワクが止まりません・・・!

ハーゲンダッツとのコラボメニューのほかには、ムースケーキをはじめ、SNS映え抜群なマカロンやカラフルなシュークリームなどが並びます。

提供されているスイーツを見て、笑顔しか出ない。どれも気になるメニューばかりで、端から試したくなってしまいます。

マスカルポーネベリー

アプリコットタルト

ラムレーズンの焼き菓子

パインと桃のムース

ベリーロールとオレンジロール

カラフルシュークリーム

パンケーキ

チョコレートのクラフティー

ヨーグルト仕立てのピーチミルク

マカロン

スモアチョコカップ

パウンドケーキ

抹茶黒蜜クープ、ストロベリーティーゼリー、クリーミー杏仁、フルーツゼリーテリーヌ

ニューヨークチーズケーキ、ひとくちムース

フロランタン

三角ワッフル ブルーベリー生クリーム添え

クランチアーモンドチョコケーキ

クリームチーズあずきパイ

クッキー

パン各種

チョコレート菓子

デトックスウォーター的なものもありました

事態はまさかの展開に

ここまで見て、「どれもこれも美味しそう」と思う方も多いでしょう。しかし、「美味しいスイーツを食べたい」と思って利用すると、かなりがっかりすると思います。

不味くはないが美味しくはない。そんなメニューばかり

美味しくないという事実に、心ここにあらずの顔になっていた気がします。

私のような不幸な人間を作り出すべきではない・・・。これから利用する方のために、味の感想レビューをここに書き残しておきたいと思います。

あくまで個人的に感じたことになりますので、参考程度に留めてください。

1皿目

ラムレーズンの焼き菓子、チョコレートのクラフティー、スモアチョコカップ、アプリコットタルト、パインと桃のムース、ベリーロールとオレンジロール、マスカルポーネベリー、カラフルシュークリーム、ヨーグルト仕立てのピーチミルク、マカロン

マスカルポーネベリー

味の芯が通ってなくて、ぼんやりしているという印象。素材の良さが分からない。マスカルポーネのコクもベリーの甘酸っぱさもまったく感じず・・・。

不味くはない。不味くはないのですが、主役の味が曖昧です

アプリコットタルト

クリームのたまご感が強くて、甘い卵焼きみたいな味がします。

めちゃくちゃ美味しいわけではないのですが、万人ウケするカスタードタルトという感じです。

ラムレーズンの焼き菓子

口当たりが軽い焼き菓子は、生地に練り込まれたラムレーズンが正直イマイチ。ベースの生地に負けているようで、ぼんやりとした印象。ラムレーズンがもっと、ガッツリ主張してもいいと思います。

パインと桃のムース

このムースは、食べてみて驚きました。ただボリューミーなだけで、パインの「パ」の字も感じられないし、桃の「も」の字も感じられないのです。

土台のスポンジ生地もパサパサしていて美味しくない。でも普通に食べられます

ベリーロールとオレンジロール

2種類のロールケーキは、SNS映え的なものを強く意識しているのでしょう。

肝心のフルーツの風味がゼロ。ど派手な見た目とは裏腹に、「なんか物足りないんだよなぁ・・・」と不完全燃焼に陥ってしまう味わいです。

人は顔ではなく中身というけれど、これを食べて、まさにその通りだと思いました

カラフルシュークリーム

カラフルなシュークリームは、可もなく不可もなく、といったところ。他のメニューよりは美味しいと思いましたが、「ウマい!」という感動はありません。

クリームのなめらかな口当たりは良いのですが、いかんせん味が物足りない。クリームにコクがなく、お菓子っぽいチープな味がイマイチ

チョコレートのクラフティー

表面にオレンジがあしらわれたクラフティーは、素朴なたまご風味のケーキと言う感じ。これはこれで普通に美味しいのですが、生地がパサついているのが気になるところ。

濃厚なチョコ味をイメージして食べると、なんだか騙されたような気分になります

ヨーグルト仕立てのピーチミルク

このケーキはクリームに埋もれて、桃の華やかな風味もヨーグルトの酸味も感じられません。クリームの自己主張が激しく、うんざりするぐらいにクリーム。

だからといって不味いわけではないのですが、クリームが強すぎて、全部クリームの味になっています

マカロン

このマカロンは、美味しさが見た目を超えてきませんでした。食べてみると、笑ってしまうくらいに甘い。砂糖が凝縮しているんじゃないかと思うぐらい甘かったです。

美味しいとか、不味いとかではない。ただただ甘い。甘さが強すぎて、なんの風味か分からないレベルです

スモアチョコカップ

これには期待度MAX!だったのですが・・・こ、これは・・・スモア?スモアって、中がトロトロしているのが美味しいのであって、これは「レンジでチンしすぎたマシュマロ」って感じ。硬いです!

2皿目

ニューヨークチーズケーキ、フロランタン、ひとくちムース、三角ワッフルブルーベリー生クリーム添え

ニューヨークチーズケーキ

ニューヨークチーズケーキは、「不味い」とは思わないですが「ウマい!」とも思えないクオリティー。チーズのポテンシャルが全然発揮されていません。

なんだか遠くにチーズの味がするなぁ・・・程度の存在感でイマイチ。食べやすさにこだわったのかもしれませんが、チーズ感を感じられなければ意味がないような・・・

フロランタン

ああ・・・どうしてなのか。このフロランタンは、2層の生地がまったく歩み寄っていません・・・!

スポンジ生地のコレジャナイ感が強く、カリッと香ばしいキャラメルアーモンドと全然合わない。スポンジがサクサクのサブレ生地だったら、良かったのかもしれません。

ひとくちムース

見た目は美味しそうなのに、食べたら何味か分からなかったひとくちムース。

風味も何もない。素材の良さが死んでいる。私の舌がバカなだけかもしれないと思いましたが、他の人も何味か分からないと言っていました。

三角ワッフル ブルーベリー生クリーム添え

見た目に期待して、期待して口に運んだらガッカリワッフル。

生地がモサモサしていて、見た目ほど美味しくない。「お腹いっぱい食べてね」と言われたら、遠慮したくなるような食感です。

3皿目

グラスパフェ、抹茶黒蜜クープ

グラスパフェ

このグラスパフェも、美味しさが見た目を超えてきません。ちょっとわざとらしい、人工的なコーヒー風味が強すぎます。

まさに、”スーパーで売っている3個セットのコーヒーゼリー”というような味で、残念ながらイマイチと言わざるを得ませんでした。

底に敷かれたコーンフレークの存在が、よりチープ感を際立たせているような気がします。トッピングのチョコフレークも活きていない印象です

抹茶黒蜜クープ

見た目は良いけれど、味の評価はかなり低い。食べてみて感じたのは、全部の味がバラバラということ。

生クリームと抹茶味のスポンジが全く合わさろうとしていない。底の黒蜜ソースも我が道を行っていて、口の中で個々の味がバラバラに主張してきました。

「樹林」で見つけた神メニュー

普通なら絶望してしまうだろうデザートブッフェの中で、めちゃウマなメニューも発見したので報告させてください。

あまり期待せずに食べてみたら、美味しさにびっくりするメニューも存在していました。

無限の可能性を感じるあずきパイ

クリームチーズあずきパイは、ちょっと予想外の美味しさで困惑しました。フィリングの甘じょっぱい風味が生地のバター感と相まって、感動的な美味しさです。

唯一の欠点は、パイ生地がパリッとしていない点ですが、美味しいからいいや!何を食べるか迷ったら、あずきパイを選んでおけばまず間違いないです。

オリジナルスムージーは飲みやすい

「翠~濃茶~」を使用しているというスムージーは、どうやったらこんな味が出せるんだろうとびっくり!

濃厚ながら飲みやすく、クセのない抹茶の苦味を味わえます。

最高にハッピーにしてくれる実演メニュー

こちらは時間限定で用意される、実演スタイルのメニュー。

用意されていたフレーバーは、バニラ、キャラメル、ストロベリー、抹茶の4種類。

パティシエの方が目の前で、自家製ブリオッシュに冷たいアイスをサンドしてくださいます

見ただけで味が想像できる安心感。4種類ある中から、今回はキャラメル味を選びました。

ブリオッシュがフワッフワッ。すんごく軽い。リッチなキャラメルの風味が、バター感たっぷりのブリオッシュとよく合います。

ブリオッシュで挟むことで、間違いなく一段上の味わいに進化しているように感じました。

スペシャルデザートはハイクオリティー

ハーブやスパイスが散りばめられ、まるで芸術作品のように美しい一皿。1人1皿限定のスペシャルデザートは、ブッフェ開始から1時間あたりで提供されました。

これはひと口食べて目が覚めました。超美味しい!さすがスペシャルデザートとあって、素材の良さが感じられる仕上がりです。

まずバニラの上品な甘さにうっとり。そして、滑らかな口溶けとともにフルーツの酸味がじわじわと広がります。濃厚ではあるけれど、甘さは控えめです。

ひと口ひと口、じっくりと時間をかけて味わいたくなります。滑らかさを堪能するためには、ほんの少し溶け出してから食べるのがベストかもしれません

間違いないハーゲンダッツのアイス

断トツでウマいと感じたのは、ハーゲンダッツのアイス4種類。ひと口食べた時の至福感は圧倒的。それはもう間違いない美味しさです。

他のスイーツが微妙だったおかげで、ハーゲンダッツの素晴らしさを見つめ直すことができた気がします。ありがとう樹林。ありがとうホテルパティシエの方。

これからもハーゲンダッツを、積極的に食べていこうと思いました。

そして、私は軽食メニューの虜となった

意外な美味しさに驚いたのは、箸休めとして最適な軽食たち。

どれ食べてもウマい。デザートブッフェを盛り上げてくれる名脇役、サラダやパスタなどがラインナップしています。

文句なく美味しいスープ。コク深い風味を感じさせつつも、塩分は控えめ。優しい、家庭的な味のスープといったところです。

このホットドッグは、噛むほどに風味が増すという印象。バターの甘さと、ソーセージの肉々しさを味わえます。

中でも人気だったのが、こちらの揚げもの類。サクッと軽やかな食感は飽きが来ない。食べ始めると、夢中になって食べてしまうこと間違いなしです。

具だくさんなパスタも最高です。濃いめの味付けがポイント。パスタ・ソース・具、それぞれへのこだわりがきっと感じ取れるはず・・・!

軽食メニューを食べた時の感動がすごいこと。こんなにも美味しいのかと驚き、喜びを噛みしめずにはいられませんでした

人生は自分好みを探す旅である

全体的には微妙だったというのが正直なところです。しかし、ハーゲンダッツとのコラボメニューだけでも満足できたように思います。

今回の訪問をきっかけに、ハーゲンダッツの美味しさを再確認しました。そして、好物となりました

新しいお店を開拓するのは、なかなか勇気がいりますね。しかし、これに懲りず挑戦し続けたい・・・!

今後も、新しい美味しさに出会うべく、新規開拓にトライしていこうと思います。

■ サマースイーツブッフェwithハーゲンダッツ

期間:2019年7月1日(月)~9月30日(月)

場所:東京都新宿区西新宿2丁目2-1 京王プラザホテル2階 オールデイダイニング「樹林」

アクセス:JR「新宿駅」より徒歩5分、都営大江戸線「都庁前駅」B1番出口より徒歩1分

時間:15:00~17:30(L.O.17:00)

電話(代表):03-3344-0111

料金:大人4,300円/小人2,600円※税サ込

予約:一休プラン/OZmallプラン

HP:https://www.keioplaza.co.jp/restaurant/list/jurin

備考:ドリンク付


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です