ホイップクリームや朝カレーも!「鳥羽シーサイドホテル」の朝食は、バラエティ豊かなバイキングだった

どうも!はらぺこさのじです。

今回は「鳥羽シーサイドホテル」の朝食についてご紹介いたします。

夕食編はこちら。

「鳥羽シーサイドホテル」のディナーバイキングは、和洋中が揃うファミリーバイキングだった!

朝食会場は夕食時同様「シーサイドホール」です。7:00~9:30(最終案内9:00)の間、利用することができます。

8時前に訪問したところ、会場内の席はポツポツと埋まっている程度。8時半頃から会場内の人がドッと増えた気がするので、早めの時間の訪問がオススメかもしれません。

種類豊富な朝食メニュー

「鳥羽シーサイドホテル」の朝食は、夕食時同様、メニューの種類がかなり豊富です。

お腹いっぱい食べて、朝から元気に!ステキな朝食メニューをご紹介します。

焼売

焼き魚コーナー

目玉焼きコーナー

スタッフのお姉さんがその場で焼いてくれます。

パンコーナー

「伊勢茶パン」という特産品もありました。

盛り放題のホイップクリーム。少なくなると補充していただけました。

シリアルコーナー

フルーツコーナー

サラダコーナー

カレーコーナー

白いご飯は、スタッフのお姉さんが愛情込めてよそってくださいます。

洋食コーナー

とろとろ半熟のスクランブルエッグ。

和食コーナー

入り口付近にあるおぼんには、プレート皿とおしぼりがあらかじめセットされた状態で置かれていました。こういう心遣いって嬉しいですよね。

前日たくさん食べましたが、朝にはお腹がぺこぺこです。伊勢志摩旅行の最終日。思い残すことが無いよう、全力でいただいてしまいました・・・!

サラダ、つぼ漬け、出汁巻卵、ちりめんジャコ、大根おろし、出来立て豆腐、ひじきの煮物、カマス、鯖味醂干し、青海苔佃煮、烏賊とろろ生姜和え

一皿目は和食中心に。サラダを生け花のように盛ってみました。和食がどれも美味しくて幸せでした。

嬉しかったのはしらすが乗せ放題だったこと・・・!しらす+おろし+卵の組み合わせは正義です。

青海苔佃煮と烏賊とろろ生姜和えは、ホカホカご飯との相性が最高です!白いご飯によく合うおかずが多いのも、こちらのブッフェのポイントですね。

欲張りわんぱくプレート。たっぷりトロトロスクランブルエッグに、カレーアンド肉団子!

スパイシーなカレーに肉団子の甘辛い照り焼きソースが混ざり、味の革命が起こりました。ご飯ならぬ半熟スクランブルエッグが進みます。

パンに山盛り生クリーム~パイナップルを添えて~

朝から山盛りの生クリームを食べられるなんて・・・!感激です・・・!濃厚な生クリームは、チョコレートソースとメイプルシロップとよく合います。

クロワッサンとワッフルは、備え付けのトースターでリベイク。表面サクサク、中はフワフワな温かいパンをいただくことができました。

追いクリーム。今度は伊勢茶パンの上にクリームをオンしてみました。

伊勢茶を使用したパン「伊勢茶パン」は、外も中も鮮やかな緑色。口に入れるとお茶の香りがフワッと広がります。

ごちそうさまでした

夕食がちょっと残念だったので期待していなかったのですが、最高の朝食でした。カレーやホイップクリームを朝から食べられるなんて贅沢の極み・・・!

お腹いっぱい朝食を食べて、気分もウキウキ。美味しい思い出をありがとうございました!

■ 鳥羽シーサイドホテル

住所:三重県鳥羽市安楽島町1084

電話:0599-25-8181

HP:https://www.tobaseasidehotel.co.jp


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です