魅惑のストロベリーディスコ♪ヒルトン東京「メトロポリタングリル」で楽しむ、ポップでキュートな週末ブランチ

どうも!はらぺこさのじです。

今年もやってきたイチゴが美味しい季節!この時期になると都内のホテルで、ステキな「ストロベリーブッフェ」が登場します。新宿にある高級ホテル「ヒルトン東京」でも”イチゴをメインにしたスイーツブッフェ”が開催されると知り、さっそく突撃してきました!

毎回テーマを変えて楽しませてくれる、ヒルトン東京のブッフェ。今回のテーマは「ストロベリー・サイケデリック60s」とのこと。

独特の世界感と素晴らしい料理に、ときめきが止まらないブッフェでした。その詳しい様子を、全力でレポートして行きたいと思います・・・!

上質な空気が漂うレストラン「メトロポリタングリル」

ヒルトン東京といえば、華やかなブッフェ台が話題のレストラン「マーブルラウンジ」が有名ですが、今回は同ホテルの2階に位置している「メトロポリタングリル」に訪問いたしました。

ヒルトン東京ではマーブルラウンジ以外のレストランでも、同じ内容のスイーツを楽しむことができます。メトロポリタングリルのブッフェはマーブルラウンジよりも品数は少ないですが、落ち着いた空間でのんびりと食事を楽しむことができるのが特徴です。

この「メトロポリタングリル」では、オーダー制のメインディッシュに合わせて、前菜とパン、そしてスイーツをブッフェスタイルで楽しむことができます。ちなみに今回は、一休から出ていたお得なプランを使って予約しました。

選べるメインのメニューはこちら。常時7~8種類ほど用意されているそうです。

メニュー名だけでは料理をなんとなくしか想像できませんでしたが、ヒルトン東京だからどれもこれも間違いない美味しさのはず・・・!

メインディッシュをオーダーした後は、ブッフェ台に向かいます。前菜とデザートのブッフェ台は別々の場所に分かれていて、デザートはレストラン内の特別室に用意されていました。

新鮮野菜と自家製パンは食べ過ぎ注意?いっぱい食べたくなる前菜コーナー

まずは前菜のブッフェ台からご紹介。こちらのブッフェ台には豊富な種類のお野菜やパン、チョコレートファウンテンやアイスマシーンなどが並んでいます。

見ただけでフレッシュなのが分かる生野菜たち。

葉物野菜はなんと6種類も!チコリやフリルレタスなど、見慣れないものもあります。

冷菜類もかなりの充実具合。カリフラワーなどのお野菜は、小さなボウルに入れて並べられています。

角切りのハムやスモークチキン。エビやモッツァレラチーズなども好きなだけ。さりげなくフルーツが置かれているのも嬉しかったです。

ククククロワッサン!こんがりと焼き目がついたクロワッサンは、ヨダレが出そうなほど美味しそうな見た目です。

クロワッサン以外にも食パンや丸パンなど、定番のラインナップが勢ぞろい。

ちなみに食パンは高級ホテルでお馴染みのトースター、バルミューダでリベイクすることが可能です。

パンにはジャムやバターを付けるのもオススメ。ジャムはパンにたっぷりと乗せて食べたくなっちゃう、果肉たっぷりなタイプです。

サラダバーの左側には、ストロベリーチョコレートが流れる、チョコレートファウンテンが設置されていました。

ずらりと並ぶトッピングは、どれも写真映えしそうなアイテムばかり。

おしゃれなガラス製のお皿に、こんもりと盛りつけられているイチゴ。

大好きなイチゴを好きなだけ食べられるなんて・・・!この上ない幸せに、天に昇る心地です。

写真を撮り忘れてしまったのですが、チョコレートファウンテンの隣にはアイスクリームマシーンが置かれています。メトロポリタングリルのアイスクリームは、必ず食べるべき一品。こちらで提供されているのは、ソフト界のキング「クレミアソフト」なのです・・・!

コーンはワッフルタイプとラングドシャタイプの2種類。もちろんコーン無しでも食べられるよう、小さめの器も用意されていました。

前菜はこんな感じで持ってきました。葉物野菜にフルーツやハムなど、彩り良いトッピングを意識して”コブサラダ風”です。

ドレッシングはクリーミーなサウザンドアイランドドレッシングをチョイス。ドレッシングを絡めたサラダは、病みつきになる美味しさです・・・!この後を考えなければもう一皿おかわりしたいくらいでした。

サラダを食べている途中で、シャルキュトリープレートが登場。画像のプレートは2名分。何種類かのチーズやコールドミートとピクルス、ヨーグルトが乗っています。

ヨーグルトにはベリーソースやフレーク、ベリー類をトッピング。さっぱりとしたヨーグルトと甘酸っぱいベリーは、お口直しにピッタリという感じでした。

メインディッシュは本格グリル料理!

サラダを食べ終えた時点で、ウェイターの方に「メインをお持ちしても良いですか?」と確認されました。

悩みに悩んだメインディッシュですが、今回は「クラウドベネディクト」を選択。メニュー名からエッグベネディクトのようなお料理なのかなぁと想像しつつ・・・。待つこと数分、いよいよベネディクト様とのご対面です。

クラウドベネディクト

芸術的なフォルムの「クラウドベネディクト」。運ばれてきた瞬間思わず歓声をあげてしまうほど、素晴らしすぎる見た目です・・・!

積雲のようなメレンゲとマフィンの間には、オランデーズソースとオニオンフライ、ほうれん草のソテーが挟まれています。

崩すのがもったいな~い!と思いつつも、手元のナイフでカットイン。

グリルされたメレンゲは表面はサクッと、口の中でシュワシュワ~と溶けていきます。今まで味わったことのないような食感で、卵黄やオランデーズソースを絡めて食べると最高です!

メインディッシュのお料理は、お店中央に位置しているグリルカウンターで調理されているとのこと。グリルカウンターはガラス張りなので、食材がグリルされていく様子を楽しむことができました。

撮影会が楽しすぎる!アートギャラリーのような「ストロベリーデザートルーム」

美味しいお食事メニューを心ゆくまで味わい、今回のメインとも言うべきデザートメニューを取りに向かいます。

デザートが用意されている「ストロベリーデザートルーム」は、ディスコルームのようなアートギャラリーのようなおしゃれすぎる空間・・・!お部屋の中にはバービー人形やカラフルなシャンデリアなど、乙女心をくすぐる60年代風のアイテムが所狭しと飾られていました。

こちらに用意されているスイーツは、マーブルラウンジで特に人気メニューなのだそう。スイーツ好きをトリコにするデザートたちを、順番にご紹介していきたいと思います。

ストロベリーシュークリーム

真っ赤なパウダーでコーティングされた、SNS映えも抜群な一口サイズのシュークリーム。サクッとしたシュー生地の中には、カスタードクリームがたっぷり入っています。

苺の板チョコレート

口どけなめらかな、イチゴ味の割れチョコレート。パフやドライフルーツなどいろいろな食材が混ぜ込まれていて、一度に様々な食感を楽しむことができます。

ストロベリーカップケーキ

ふわふわの生地の上にマーブルカラーのクリームをデコレーションした、キュートな見た目のカップケーキ。素朴な味わいのケーキは、ちょっと甘めなクリームとのバランスが抜群です。

レインボーショートケーキ

鮮やかな色が印象的なスポンジ生地に、生クリームをたっぷりと絞った「レインボーショートケーキ」。インパクトのある見た目からは想像できない、優しい味と上品な甘さを味わうことができます。

びっくりするくらいの原色カラー。アメリカンな甘さを想像していたので、優しすぎる甘さに驚きました・・・!

苺のロールケーキ

パステルピンクのクリームが可愛い「苺のロールケーキ」。しっとりふわふわなロール生地の中には、イチゴ味のクリームがたっぷりと巻き込まれています。

甘さ控えめな「苺のロールケーキ」。軽い口当たりなので、いくらでも食べられそうでした・・・!

苺のブールドネージュ

ミルクの優しい味とイチゴの甘酸っぱさがベストバランスな、一口サイズの焼き菓子。サクサクホロホロな食感がたまらない・・・!クセになる食感が魅力です。

バニラクレームブリュレ

甘いバニラの香りがクリームを引き立てる、濃厚とろとろなクレームブリュレ。メニュー名はクレームブリュレとなっていましたが、カスタードプディングに近い口当たりとなっています。

苺のショットグラス

パッションフルーツとオレンジのジュースに、フレッシュなイチゴが浮かんだ爽やかなメニュー。サッパリとした味わいで、甘いスイーツの間のお口直しにピッタリなドリンクです。

マンゴームース

トロピカルなマンゴー風味のムースに、カラフルなゼリーをコーティングしたアートな一品。甘酸っぱいマンゴーの味わいがたまらない、ふんわり食感が特徴のスイーツです。

柚子タルト

サクサクのタルト生地に、柚子風味のクリームを詰められたタルトケーキです。柚子の爽やかに香る、甘すぎない大人のスイーツという感じ。

苺のティラミス

「苺のティラミス」は、濃厚なマスカルポーネクリームとイチゴ風味のスポンジが層になっているスイーツ。見た目も味も華やかなティラミスで、今回の私的ナンバーワン・スイーツでした。

甘酸っぱいイチゴと、コクのあるクリームの相性が抜群!全体的にしっとりとした食感で、上品な甘さに仕上がっています。

ぱちぱち苺マシュマロ

渦巻きキャンディー風の、写真映えも抜群なマシュマロポップ。ひと口かじると中に入っている飴がパチパチ口の中ではじけて、なんだか楽しい気分になるスイーツでした。

クレープサンド

スポンジ生地とクリームを交互に重なり合い、トップにクレープ生地が乗っている「クレープサンド」

スポンジ生地のしっとりふわふわな食感が最高です。トップのクレープ生地がたまらない美味しさで、これだけ何枚も食べたくなってしまいました・・・!

マカロン・ストロベリー

フレッシュなイチゴとイチゴ風味のクリームを乗せた、華やかな見た目のマカロン・ストロベリー。いちごの香りがふんわりと広がる、一口サイズのお菓子です。

ストロベリーシェイク

イチゴミルク風味のストロベリーシェイクは、タピオカ入りの冷たいドリンク。太めのストローで吸い上げるタピオカは、モッチモチでクセになる食感!タピオカシェイクもあるなんて、すごすぎるぞヒルトンブッフェ。

カラフルでポップな猫ちゃんDJのイラストの下には、フレッシュなイチゴが盛られたプレート皿が。

イチゴがこんもり!ストロベリーマウンテン!真珠のように輝くプレート皿に、センスを感じました。

欲望のままに盛り付けてみました

ストロベリースイーツはどれも期待を裏切らない美味しさ。見た目もかわいいのに味も最高だなんて・・・大好きなイチゴ天国に至福のひと時でした。

キレイに巻けなかった、インスタ萎えな私のクレミアソフト。

通常のソフトよりも濃厚なミルク味で、ラングドシャコーンとの相性も抜群です!ハマる人続出なのがとても分かる、絶品ソフトクリームでした。

ごちそうさまでした

約1年ぶりのヒルトンブッフェの訪問でしたが、「さすが世界のヒルトン様・・・!」と思うハイクオリティなブッフェでした。

2時間の時間制限があるのが残念ですが、自信を持ってオススメできるお店です。利用中品切れもなく、サービス面も最高でした。

ヒルトン東京のストロベリーフェアは、5月31日まで実施されるそう。気になった方は是非、期間中にチェックしてみてくださいね!

■ ウィークエンドブランチ

場所:ヒルトン東京「メトロポリタングリル」

期間:12月16日(火)~ 5月31日(木)

時間:10:00 ~ 14:30

料金:大人5,000円(税・サービス料別)。一休からの予約で18%OFF。

予約:公式HPもしくは一休

電話:03-3344-5111

HP:http://www.hiltontokyo.jp/restaurants/metropolitangrill

備考:コーヒー・紅茶付き、2時間の時間制


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です