スイーツ好きの夢の祭典!ホテルニューオータニ東京「PIERRE HERMÉ PARIS & SATSUKI BUFFET ~20th ANNIVERSARY~」

どうも!はらぺこさのじです。

今回はホテルニューオータニ東京で開催されたスペシャルイベント、「PIERRE HERMÉ PARIS & SATSUKI BUFFET ~20th ANNIVERSARY~」のレポートさせていただきます。

「PIERRE HERMÉ PARIS & SATSUKI BUFFET ~20th ANNIVERSARY~」とは、あの「ピエール・エルメ」と「ホテルニューオータニSATSUKI」のスイーツを、ブッフェスタイルで楽しめる特別なイベントです。

日仏スイーツ界の巨匠の作品が食べ放題だなんて、かなり贅沢ですよね・・・!予約してから毎日、イベント当日を心待ちにしてきました。

スイーツ好きなら一度は参加したい、夢のようなスイーツイベント。その実録をお届けしたいと思います。

「PIERRE HERMÉ PARIS & SATSUKI BUFFET ~20th ANNIVERSARY~」について

場所:ホテルニューオータニ東京「鳳凰の間」

日時:2018年4月30日(月)

時間:デイタイム1部 11:30〜13:00、デイタイム2部 15:00〜16:30、ナイトタイム 19:00〜21:00

価格:デイタイム 13,000円(※プレミアムシート15,000円)、ナイトタイム 15,000円(税サ込)

HP:https://www.newotani.co.jp/tokyo/

備考:スイーツ撮影会有り(デイタイム1・2部のみ)

今回、私は「デイタイム1部」に参加し、各回30名限定の「プレミアムシート」を利用しました。

プレミアムシートには限定のスイーツプレートをはじめとする、様々な特典が用意されていました。

ホテルニューオータニ東京で優雅なひと時。日本庭園を臨むイベント会場へ

ホテルニューオータニ東京内。「鳳凰の間」という宴会場がイベント会場です。

会場30分前に到着したところ、会場前にイベント参加者の方の列ができていました。

会場10分前に一般シートの方と、プレミアシートの方の列に分けられ、プレミアシートの方から先に会場内に案内されます。

煌びやかな会場内と輝くブッフェ台の様子をご紹介

こちらのブッフェは全席予約制。ブッフェ当日にホテルから送られてきたハガキを持参し、自分の座席番号が書かれたカードをいただけるシステムです。

カードに書かれた番号の席を確認した後、会場内の様子を一周見て回りました。

会場内の案内図です。

プレミアシートの席と一般シートの席がちょうど会場の中央で区切られており、会場内の席を囲むようにブッフェ台が配置されています。

ムーディーな様子の会場内ですが、イベント開始と同時に雰囲気が一転。閉まっていたカーテンが開き、日の光が差し込む明るい空間に変わりました。

幻想的なバルーンアートをはじめとする、様々な装飾が会場のあちらこちらに

宝石のように輝く、ブッフェ台のスイーツたち

こちらのイベントはブッフェ開始前の約5分間、”スイーツの撮影時間”を特別に設けられているのが特徴です。美しいスイーツたちを撮影する時間は、本当に幸せすぎるひと時でした・・・!

「SATSUKI」のコーナー

edoシュークリーム

SATSUKIスイーツのブッフェ台には、ホテル内のパティスリーで提供されている商品がずらり。この「edoシュークリーム」もそのうちの一つです。

可愛らしいサイズのシュー皮に、生クリームをたっぷりと挟んだ「edoシュークリーム」。ザクザクなクッキー生地がたまらない・・・!和と洋のハーモニーを楽しめるスイーツです。

アップルパイ

キャラメル色の煮りんごをふんだんに使用した「アップルパイ」。バターが香るパイ生地がとても香ばしく、とても食べ応えのある一品です・・・!

抹茶フラン、チョコレートブリオッシュ

SATSUKIの「抹茶フラン」は、品の良い和スイーツという感じ。濃厚な抹茶フィリングの苦味と甘さが絶妙なバランスで、「抹茶好きなら絶対に好き!」と言える一品です。

「チョコレートブリオッシュ」は、濃厚なチョコレートガナッシュのクリームと軽やかなホイップクリームを、ブリオッシュ生地でサンドしたスイーツ。こってりとした見た目ですが、意外とパクパク食べられてしまう軽い口当たりです。

東京スーパーチーズケーキ、スーパーフルーツケーキ

たっぷりと絞られたクリームが印象的な「東京スーパーチーズケーキ」。ジャージー牛乳の美味しさを追求した、軽やかな口当たりのチーズケーキです。生地の中には大粒のラムレーズンが練りこまれており、生地の美味しさを引き立てています。

芳醇なラム酒の香りが凝縮した「スーパーフルーツケーキ」は、素材や製法にこだわられた焼き菓子です。生地には7種類のドライフルーツが使用されており、上品な甘さと優しい味わいに仕上げられています。

あまおうロール、edo抹茶ロール

パティスリーSATSUKIのロールケーキは、ふんわり柔らかなロール生地の食感が特徴的です。シンプルながらも奥深いスイーツで、シェフの技が光る一品なんです・・・!

モンブラン

風味豊かな和栗の魅力を存分に引き出した「モンブラン」。栗をとことん堪能できるケーキです。ひと口食べる度に、濃厚な栗の味が口いっぱいに・・・!ザクザク食感のタルト生地が、食べ応え抜群な一品です。

スーパーチョコレートケーキ

見た目は普通のショートケーキのようですが、中身はチョコレート尽くしな「スーパーチョコレートケーキ」。ふわふわ軽やかなスポンジ生地の間に、チョコレートのスポンジ生地、チョコレートクリーム、塩キャラメルクリームなどの素材が、絶妙なバランスでサンドされています。

あまおうナポレオンパイ

“SATSUKIといえば”なこちらのスイーツ。どっしりとした重さと高さに圧倒される「あまおうナポレオンパイ」。香ばしく焼きあげられたパイ生地が最高で、特製カスタードクリームにはバニラビーンズがたっぷり。

スーパーあまおうショートケーキ

みずみずしい”あまおう”を贅沢に盛り付け、味のバランスを計算しつくされた「スーパーあまおうショートケーキ」。カステラのような色合いのスポンジ生地は、ふんわり柔らかな食感。ホイップクリームが驚くほどきめ細やかで、口にいれた瞬間ふわっと溶けていきます・・・!

edo大納言ショート

鮮やかな緑色の「edo大納言ショート」は、宇治の抹茶や北海道産の大納言など、こだわりの食材を使用した和洋折衷スイーツ。香り高い宇治抹茶の味わいを堪能できる、洗練された上品な甘さのスイーツです。

スーパーメロンショートケーキ

「スーパーメロンショートケーキ」は、メロンの芳醇な風味を凝縮させたショートケーキ。高級なマスクメロンを惜しげもなく使用しており、スポンジ生地や生クリームとの相性も最高です!

エクストラあまおうショートケーキ

使用されている素材、味わい、全てがエクストラ級の「エクストラあまおうショートケーキ」。”一生に一度は食べるべきケーキ”と言っても過言ではない、素晴らしすぎるショートケーキです・・・!「エクストラ」の生地は「スーパー」のカステラのような生地に比べるとかなり白い色の生地で、あまおうの味をより際立たせる味わいとなっています。

スーパーオペラ

華やかなデコレーションが目を惹く「スーパーオペラ」は、素材の異なる生地が何層にも重なっています。その1層1層にこだわりが詰め込まれており、様々な食感や味わいを楽しめる逸品です。

アイスコーナーには10種類のフレーバーが用意されていました。

SATSUKIのアイスは、さっぱりとした味わいが特徴のシャーベット系。こってりしたスイーツのお口直しや締めにピッタリなスイーツです。

こちらはニューオータニの代名詞とも言える、「特製パンケーキ」の実演コーナー

1つ1つ丁寧に、ふっくら焼き上げられていく特製パンケーキたち。そのふわふわな食感は、一度食べたらトリコになってしまう美味しさなんですよ・・・!

「コーヒーゼリー」「豆かん」「メロンゼリー」「プリン」等のグラススイーツ。サッパリとお口直ししたい時にピッタリな、グラススイーツの種類も豊富です。

ピエール・エルメのコーナー

SATSUKIのコーナーだけで十分目の保養になりましたが、ピエール・エルメのスイーツたちもじっくり観察させていただきました。

芸術的で繊細なピエール・エルメのスイーツたちを前に、興奮せずにはいられませんでした・・・!

撮影時間に並ぶホールケーキはいわゆる”撮影用”で、イベント開始後のケーキの姿は若干異なります。ピエール・エルメのコーナーには新作のほか、普段お目にかかれないような”限定メニュー”も提供されていました。

フレジエ ユイル ドリーヴ エ ヴァニーユ

「フレジエ ユイル ドリーヴ エ ヴァニーユ」は、ニューオータニでしか食べられないオリジナルスイーツです。こってりしたクリームとジューシーなイチゴが最高の組み合わせ。濃厚でありながら、爽やかな後味を感じさせてくれます。

ミルフィユ フリュイ ルージュ エ ミント

バターが芳醇に香るパイ生地の「ミルフィユ フリュイ ルージュ エ ミント」は、ミント入りのカスタードクリームが印象的なケーキ。鼻に抜けていくようなミントの香りとベリーの甘酸っぱさが合わさり、エルメ感全開な味に仕上がっています。

イスパハン

ピエールエルメを代表するスイーツ「イスパハン」。濃いピンク色のマカロン生地に、ライチやフランボワーズ、ローズ風味のクリームを、サンドしたものです。

チーズケーキ サティーヌ

濃密なベイクドチーズケーキに、パッションフルーツ風味のビスキュイ、チーズムース、オレンジマーマレードを組み合わせた「チーズケーキ サティーヌ」。パッションフルーツの甘酸っぱい風味を活かした土台や、クリームのふんわりと軽やかな口当たりが魅力的。

タルト ピスタチオ グリオット

「タルト ピスタチオ グリオット」は、クランブル生地とパートブリゼ生地のサクホロな食感が楽しいケーキ。ワンカットだけでも満足感が得られる、上品な甘さと奥深い味わいのケーキです。

クレーム ブリュレ プラリネ

ヘーゼルナッツの美味しさをクリームの中に閉じ込めた「クレーム ブリュレ プラリネ」は、濃厚なナッツの味わいを存分に楽しめるスイーツです。クリーミーな味わいと滑らかな口当たりが絶妙で、カラメリゼされたナッツが食感のアクセントになっています。

キャレマン ショコラ

ブラウニー生地、チョコレートクリスピー、チョコレートムース、チョコレートクリーム等、異なる食感の素材を組み合わせた「キャレマン ショコラ」。チョコレートクリームが驚くほど柔らかい食感で、溶かしたてのチョコレートのような滑らかさなんです・・・!

ケーク クロエ、ケーク アンフィニマン ヴァニーユ

真っ赤なフランボワーズが目を引く「ケーク クロエ」は、甘酸っぱいフランボワーズとビターチョコレートのパウンドケーキ。しっとりと焼き上げられたブラウニー生地は控えめな甘さで、シンプルながらもクオリティの高さを感じます。

真っ白な姿が美しい「ケーク アンフィニマン ヴァニーユ」は、バニラの魅力をとことん引き出したパウンドケーキです。バニラビーンズをたっぷりと使用したパウンド生地に、濃厚なホワイトチョコレートがコーティングされています。ひと口食べると口の中いっぱいに広がる、華やかなバニラの味わいが特徴です。

ブッフェ台にはなんとピエール・エルメのマカロンも!全部で6種類用意されていました。

ブッフェ台には、ピエール・エルメで人気のチョコレートアイテムも並んでいます。

ガレ クロエ

丸い小石のような「ガレ クロエ」は、フランボワーズ風味の上品なチョコレート。オセロのように表と裏で色が異なり、写真のチョコレートはすべて同じ種類のものです。

深い味わいのビターチョコレートと甘酸っぱいフランボワーズは最高の組み合わせ。苦み、酸味、甘みのバランスが絶妙なチョコレートです。

クロッカン ショコラ レ

ヘーゼルナッツのプラリネをショコラでコーティングした「クロッカン ショコラ レ」。ブッフェ台のプレート表記は「チョコラ」になっていましたが、「ショコラ」の間違いのようです。

香り高いヘーゼルナッツを存分に堪能できるプラリネは、口の中でとろけるような柔らかさ。一度食べたら忘れられない、洗練された味わいのチョコレートです。

ピエール・エルメの夏の定番スイーツ、「グラス エ ソルベ」も3種類用意されていました。「グラス クリームチーズ フランボワーズ」「グラス イスパパン(ローズ、ライチ、フランボワーズ)」「グラス マホガニー(マンゴー、ライチ)」のラインナップです。

見た目も美しい特製のソルベは、ピエール・エルメらしいユニークな味わいと奥深い味わいのスイーツです。

スイーツブッフェでは、その場で組み立てていただける実演のスイーツコーナーも!

デセール ミル サブール

透明なゼリーとデーツ等のフルーツ、濃厚なマンゴーのソルベをトップに添えた、涼やかな見た目のグラスデザート。デーツのねっとりとした甘さとマンゴーソルベの濃厚な甘さが絶妙な一品で、1ついただけば満足してしまうこと間違いなしの、贅沢な味わいの一品です。

グラスデザートのほかに、作り立てのエクレアも提供されていました。

エクレール アンフィニマン プラリネ

サクッとした食感の生地に、風味豊かなプラリネクリームをサンドした「エクレール アンフィニマン プラリネ」。

たっぷりと絞られているプラリネクリームは、濃厚なナッツの風味とコクをぎゅっと凝縮したクリームです。じんわりと口の中に広がる香ばしいナッツの風味が心地良く、ナッツ好きにはたまらないスイーツという感じでした。

お口直しにピッタリな軽食のコーナーも

甘いスイーツを食べていると、恋しくなるしょっぱい系のメニュー。ブッフェ台にはサンドイッチ等のメニューも用意されていました。

正直甘いものだけを食べ続けるのはつらいので、お食事系のメニューの存在が本当にありがたかったです・・・!

SATSUKIとピエール・エルメ、それぞれに軽食メニューがあり、どちらも箸休めとしてはもったいないくらい素晴らしいメニューを提供されていました。

ピエールエルメ「サンドイッチ ハーブ」

滑らかなクリームチーズに爽やかな香りのハーブを混ぜ込んだ、ピエール・エルメ特製のサンドイッチ。うっとりしてしまうほどエレガントな味わいで、ナイフとフォークでいただきたくなるサンドイッチです。

ピエール・エルメ「サンドイッチ ソモン フュメ エ レフォール」

こちらもピエール・エルメ特製のサンドイッチで、スモークサーモンとクリームチーズの最強コンビな一品です。ねっとりと濃厚なスモークサーモンが絶品!1つ食べた後に、もう1つ食べたいという気持ちになりました。

SATSUKI「ローストビーフサンドウィッチ」

ジューシーなローストビーフを贅沢に使用した、SATSUKIの「ローストビーフサンドウィッチ」。肉厚なローストビーフは、噛む度にお肉の旨味があふれてきます・・・!

シャキシャキなレタスが挟まれているのもポイント

SATSUKI「冷製豆乳コーンスープ」

トウモロコシの美味しさがぎゅっと凝縮された、優しい味わいの「冷製豆乳コーンスープ」。牛乳の代わりに豆乳を使用しているらしく、気持ちヘルシーな感じがするメニューです。

SATSUKIコーナーでは、実演のフードメニューも提供されていました。

SATSUKI「Jシリアル麺のスープそば ピリ辛豆乳仕立て」

ニューオータニオリジナルの八穀米を使用した麺に、豆乳を使用したピリ辛スープを合わせたヘルシーなおそばです。その場で茹で上げた麺に豆乳スープをかけ、エビやホタテ入りのあんかけ、水菜をトッピングしてくださいます。

まろやかでコクのある豆乳スープに麺や具が良く絡み、ピリッとした辛さに食欲を刺激されます。このフードメニューにかなりハマってしまい、ブッフェ中、何度もおかわりをしてしまいました・・・!

SATSUKI「下町揚げパンビーフカレー」

ホテルメイドのビーフカレーをパン生地で包み込み、こだわりの健康オイルで揚げたホテルニューオータニの人気商品。カレールーを練り込んでいるというパン生地の、ほんのりと感じられる甘さが特徴的です。

会場内にあるオープンキッチンで揚げられた”出来立てのカレーパン”というのがポイントで、スタッフの方イチ押しのメニューだそうです。

お腹に余裕があれば食べかった。SATSUKIのスイーツパン

こちらはスイーツ系のパンコーナーです。ホテルニューオータニ「パティスリーSATSUKI」でも定番の、クロワッサンやメロンパン等が並んでいました。

今回はケーキでお腹いっぱいになってしまったためいただくことができませんでしたが、余裕があれば食べたかったなぁ・・・と思う品々でした。

SATSUKI「ストロベリークロワッサン」

SATSUKI「抹茶クロワッサン」

SATSUKI「チョコレートクロワッサン」

SATSUKI「チョコレートカスタードリング」

ピエール・エルメのオリジナルカクテルコーナーも必見です!

会場の外には、ドリンクコーナーが設営されていました。

ピエール・エルメを代表する「イスパハン」のカクテルのほか、独創的なピエール・エルメのオリジナルカクテルがずらりと並んでいます。普段はお酒を飲まない私ですが、この日ばかりは色々いただいてしまいました。

スイーツの撮影タイムが終わると、一般シートの方は一度会場の外へ。プレミアムシートの方はそのまま会場内に残り、ブッフェタイムを一足早くスタートすることになりました。

ブッフェ台に並ぶケーキは、ブッフェ台にいるパティシエの方にお願いしてお皿に盛っていただきます。1つ1つ丁寧に盛ってくださるので、プレミアムシートのお客様だけでも多少の列ができていました。

宝石のようなスイーツたちを実食!

ブッフェ台に並ぶスイーツたちはどれもこれも魅力的で、「全種類制覇したい」という思いがありました。

しかし用意されているスイーツはかなりの種類数。ブッフェ用のサイズになっているとはいえ、全てのスイーツを食べることは出来ず・・・無念・・・。

後悔しないよう全力でスイーツを選び、美味しく食べられるギリギリまでいただいてきました・・・!

私が考えた最強のフォーメーション

アンフィニマン ヴァニーユ

産地の違う3種類のバニラを贅沢に使用した贅沢なケーキ「アンフィニマン ヴァニーユ」は、プレミアムシート予約特典の限定スイーツプレートです。

バニラが濃厚に香るホワイトチョコレートガナッシュをバニラ味のグラサージュで包み込み、トップにバニラ入りのマスカルポーネクリームをたっぷりと乗せた、まさにバニラ尽くしのスイーツプレートです。

ケーキの横にも濃厚なバニラアイスを添え、さらにバニラ風味のソースを添えるという、徹底したバニラへこだわりっぷり。これほどまでにバニラにこだわるスイーツを食べたことがあったかと思うくらい印象的なスイーツで、スペシャルに相応しい一品だと思いました。

ピエール・エルメ中心のお皿

高嶺の花のようなエルメ様を、お皿いっぱいいただけるなんて夢のようです!ピエール・エルメのスイーツは、外見からは想像できない味わいのものばかり。口にする度に驚きや感動を体験することができます。

エルメ皿その2。マカロンも全6種類いただきたかったのですが、なくなく2種類に絞り込み

「ともかく上品で高貴なお味」としか言いようがないエルメ様のスイーツ。細やかな味を表現できるグルメさんになりたい、と常に思っています。

SATSUKIスイーツのお皿

SATSUKIのスイーツも最高でした。ミルキーで滑らかな口溶けの生クリームやこだわりの素材が大変素晴らしく、甘さ抑え目なのもときめきポイント・・・!

エルメ様のスイーツがヘビー級だったため、SATSUKIスイーツはこの一皿のみとなってしまいました。パティスリーで食べられるから良いかなと思ってこれだけにしたのですが、ブッフェ用と店売り用で製法が違うと後で知り、激しく後悔。あの時食べておけば・・・!と今になって思うものがいくつもあります・・・。

また次回も行きたい!ピエール・エルメ&SATSUKIのイベントブッフェ

ブッフェレベルを超越した、ハイクオリティなスイーツイベントでした。見た目も味も素晴らしいスイーツしかなく、イベント中ずっと感動しっぱなしでした・・・!去年行かれた方のブログを拝見して今年行こうかどうか迷いつつ、結果、参加して本当に良かったです。

お値段は高額ですが、この値段でも納得というか・・・。その金額払うだけの価値が十二分にあると思います。夢のような時間をありがとうございました。もう本当に大大大満足な内容でした!

素晴らしいひと時を過ごさせてくださった、ニューオータニの方々に全力で感謝!また次回開催される機会があれば、参加したいと思います。ごちそうさまでした!


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です