ホテル椿山荘東京でランチブッフェ。こだわりの和食を大満喫!

どうも!はらぺこさのじです。

みなさん和食はお好きですか?私は大好きです!!!そんな大好きな和食が美味しいと評判のホテル「椿山荘東京」で、ランチブッフェを楽しんできました。

ホテル自慢の美しい庭園を眺めながら、季節に合わせた料理を堪能できる椿山荘のランチブッフェ。今回訪問したランチブッフェは、おばんざい、天婦羅、和スイーツ等の、和食をメインにした珍しいタイプのブッフェです。

どの料理も上品かつ手が込んだ仕上がりで、「さすが椿山荘・・・」と感動してしまいました・・・!とても素晴らしすぎる内容でしたので、記録も兼ねて是非ご紹介させてください。

ブッフェの概要とホテルへの行き方

■ 椿ランチ和ブッフェ2018~早春の椿、技栄える和食~

場所:ホテル椿山荘 タワー棟8階 宴会場「コスモス」

料金:4,500円(税サ込)

開催日:2月金・土・日

時間:12:00~13:30

予約:一休

HP:https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/

備考:期間限定イベント、90分の時間制

「ホテル椿山荘東京」へは、JR目白駅から徒歩30分とやや遠め。駅からホテル前までバスが出ているので、体力に自信がない方はバスの利用をオススメします。

ホテル館内は「ホテル棟」「タワー棟」「プラザ棟」の3つに分かれており、ホテルエントランスは「ホテル棟」に位置しています。

ホテルエントランスのある「ホテル棟」からブッフェが開催されている場所に移動するのですが、ブッフェの受付は「プラザ棟」、ブッフェの会場は「タワー棟」に位置しており、館内をたくさん移動しなくてはならないのが少々大変でした。

タワー棟8階「コスモス」という宴会場が、今回のブッフェ会場。会場内はなんと満席で、少々賑やかな雰囲気でした。

用意された席はなんと窓際の特等席!ステキな庭園を眺めながら、食事を楽しむことができました。

ブッフェ台には、色とりどりの和食メニューがずらり

会場内の席を囲むようにブッフェ台が配置されており、炊く、引く、揚げる等、様々な手法で調理された種類豊富な和食メニューが並んでいました。

ブッフェ台に並ぶお料理たちは、どれもこれも美味しそうなものばかり・・・!”和食ブッフェ”を意識したディスプレイが大変素晴らしく、料理がより映える盛り付け方にこだわりを感じました。

見ているだけでワクワクしてしまうブッフェ台の様子を、各コーナーごとにご紹介させていただきます。

おばんざいコーナー

ほうれん草と畳み鰯のカリカリサラダ

まずは新鮮野菜のサラダからご紹介。みずみずしい葉物野菜に、可愛らしいお花がトッピングされています。このサラダのポイントは、揚げせんべいのような見た目の「畳み鰯」をトッピングできるところです。

こんがりと香ばしく焼き上げられた「畳み鰯」。鰯本来の味わいを活かした、上品な塩味でした。

出汁巻き玉子

一口サイズの「出汁巻き玉子」は、塩分控えめな優しい味わい。たっぷりとお出汁が染み込んだ、ふわふわ玉子は絶品です・・・!一度食べるとトリコになる美味しさで、何度もおかわりをしてしまいました。

白身魚の西京ぼんぼり焼きと宿借り焼き

ちょっと分かりにくいお写真ですが、手前の貝のお料理が「宿借り焼き」、奥の方に「白身魚の西京ぼんぼり焼き」が盛り付けられています。

「白身魚の西京ぼんぼり焼き」は鮭の西京焼きに白いメレンゲが乗ったメニューで、ふんわりと綿菓子のようなメレンゲが特徴的。

ハマグリの殻にさつま揚げを詰め込んだ「宿借り焼き」は、ふわふわな食感がクセになる一品です。

小松菜と高野豆腐の玉子とじ

柔らかな高野豆腐を、ふわふわの玉子でとじた「小松菜と高野豆腐の玉子とじ」。身体に染み渡るような、優しいお出汁の味わいがたまらない一品です。

鰤大根

大きめカットの「鰤大根」は、プロの技を感じる逸品です。脂が乗った鰤は頬が落ちるような美味しさで、煮汁がよく染み込んだ大根が絶品です・・・!

色とりどりの三食生麩田楽

カラフルな見た目の「色とりどりの三食生麩田楽」は、おもちのようなモチモチ食感がクセになります。トップにちょこんと乗ったお味噌が可愛らしく、おかずとしてだけではなくデザートにもピッタリ。

白魚と小柱の茶碗蒸し

白魚と小柱入りの茶碗蒸しは、ツルツル滑らかな口当たり。お出汁と卵の上品な味わいは、まさに”料亭の味”・・・!

多すぎず少なすぎず、ちょうど良いサイズ感

椿山ポークとたっぷり野菜の豆乳鍋

豆乳鍋に使用されている椿山ポークは、ホテル椿山荘の提携農場で育てられている特別な豚。口の中でとろけるような甘さが特徴で、まろやかな豆乳スープとの相性も抜群です。

お鍋の中には椿ポークがたっぷり。ワンスクープでこれだけ盛ることができました。

和風ビーフシチュー 豆乳パン添え

お肉の旨みがギュッと凝縮した「和風ビーフシチュー」は、濃厚でありながらさっぱりとした後味のお料理。和風味のブラウンシチューに、ホロホロに煮込まれた牛肉がゴロゴロ!フォークで裂ける柔らかさのお肉は、一度食べたらやみつきになる美味しさです・・・!

欲張ってお肉をこんなにこんもり!

ホテル椿山荘名物米茄子の鴫炊き

「米茄子の鴫炊き」は、ホテル椿山荘の歴史と伝統を味わえる一品。上品な味わいのお出汁をたっぷり含んだ米茄子は、一度食べたら忘れられない美味しさです。食べ応えのある厚さにカットされた一品で、箸でスッと裂けるほど柔らかく煮込まれているのが特徴です。

とろけるような米茄子の食感にうっとり

サラダ巻きと野菜の握り寿司

彩り鮮かな「サラダ巻きと野菜の握り寿司」は、野菜そのものの甘さや美味しさを堪能できるメニュー。どれを食べようか迷ってしまうほど、バラエティ豊富に取り揃えられています。

海鮮手こね寿司

いくらやマグロなどを混ぜ込んだ、豪華な見た目の「海鮮手こね寿司」。お椀に盛られたご飯の量は、女性でもペロリと食べられるくらいの盛り具合です。

会場内には実演のコーナーも

海老、きす、季節野菜等の食材を、目の前で揚げていただける実演コーナー。天婦羅のほかに「ホテル椿山荘名物の東京饅頭」を、揚げ饅頭にしてくださるサービスも行われていました。

揚げたての天婦羅はアツアツサクサク!ゼンマイをはじめとする、山菜の天婦羅をいただけるのも嬉しいポイント。

デザートコーナー

入り口から一番遠くに位置しているデザートコーナーには、ステキな和スイーツたちが並べられています。全体的に甘さ控えめなテイストで、男女世代問わずに楽しめるメニューが揃っています。

2色団子

黒豆とお団子を串で刺した「2色団子」は、もっちりと柔らかい食感のスイーツ。ヨモギ色とパステルイエローの見た目に、季節感を感じるメニューです。

和三盆糖のパンナコッタ

繊細な甘さの和三盆糖を使用したパンナコッタは、滑らかな口当たりとまろやかな風味の一品。食後に食べるのにピッタリな、小さめサイズなのがポイントです。

番茶のチョコレートタルト

「番茶のチョコレートタルト」は、番茶の香ばしさとビターチョコレートの深い味わいを堪能できるスイーツ。番茶入りのタルトは甘さ控えめな仕上がりで、甘い生クリームとのバランスが絶妙です。

抹茶ブラウニー

濃厚な抹茶風味の「抹茶ブラウニー」は、外はサクッ中はしっとり食感の焼き菓子です。抹茶独特のほろ苦さと、鼻に抜ける抹茶の香りがとてもお上品。抹茶好きなら絶対好き!という仕上がりとなっています。

オリジナルあんみつステーション

デザートコーナーには「オリジナルあんみつステーション」という、自分好みのあんみつを作れるスペースも設営されていました。人によってこだわりがあるあんみつを、いろいろアレンジができるのが嬉しいコーナーです。

トッピングには3種類のアイスクリームと黒蜜、白蜜、珍しい抹茶蜜というのも。あんみつステーションにはスタッフの方が待機していて、欲しいアイテムを注文するとお皿に盛ってくださいます。

種類豊富なフルーツは、食べやすい一口サイズ。あんみつのトッピングとしても優秀です。

高級ホテルでは珍しい?ドリンクはセルフ式です

今回のブッフェはドリンクも含まれるプランですが、高級ホテルおなじみのオーダー式ではなく、自分で取りに行くセルフ式。

ドリンクのサービスは2か所で行われており、会場の入り口付近でコールドドリンク、デザートコーナーのすぐ隣でホットドリンクが提供されていました。

コールドドリンクのコーナーには、ウーロン茶、リンゴジュースをはじめとするジュース類が用意されています。料金を追加すればいただけるアルコール類もこちらで提供されていました。

こちらはコーヒー、紅茶、緑茶が用意されている、ホットドリンクのコーナー。

紅茶はなんと英国王室御用達のTWININGS!紅茶好きの私はここぞとばかりに、何種類もいただいてしまいました。

老舗ホテルの本格和食を舌鼓!

こだわりの食材を使い、手間暇をかけて調理された和食料理の数々。ここでしか味わえない本格和食を、心ゆくまで堪能させていただきました・・・!

地味な印象が強い和食ですが、椿山荘の和食ブッフェは彩り鮮やかでビックリ。食べる楽しみだけではなく、見る楽しみも堪能することができました。

お料理はどれも何度も食べたくなる美味しさで、おかわりに行くこと2度3度・・・。丁寧で繊細な和食メニューに、ときめきが止まらなかったです。

ハイクオリティな美味しさに大満足!次回開催が待ち遠しい和食ブッフェ

大好きな和食をお腹いっぱい食べて、至福のひと時。今この記事を綴りながら恋しく思ってしまうほど、このブッフェのお料理に魅了されてしまいました。

とても素晴らしい内容のブッフェだったのですが、サービス面で気になることがいくつか。個人的に気になった点を、以下にまとめさせていただきました。

・会場内にいるスタッフの人数が少なく、直接お呼びするまで空いたお皿を下げていただけなかったこと(テーブルの上が空いたお皿でいっぱいなのはちょっと・・・)
・なかなか補充されないお料理があったこと(蓋がされているお料理は、量が少なくなっていることに気が付きにくいようです)
・ブッフェ利用終了時刻10分前にアナウンスされたこと(余裕をもって30分前くらいにしていただけるとありがたいなぁと)

など。今後改善されるといいなぁ・・・と願うばかりです。

本格的な和食を思う存分堪能できる、ホテル椿山荘東京の和食ブッフェ。次回開催がいつになるのか分かりませんが、告知があったら参加したいと考えています。

和食が好きな人はきっと気に入るはず・・・!「気になるなぁ」と思われたあなたに、足を運んでいただけたら嬉しいです!


にほんブログ村